がん遺伝子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 遺伝 > 遺伝子 > がん遺伝子の意味・解説 

がん‐いでんし〔‐ヰデンシ〕【×癌遺伝子】


がん遺伝子

ある遺伝子突然変異などにより活性化されることががんの発症関連している場合、その遺伝子はがん遺伝子と呼ばれる活性化されない状態で本来の機能は、増殖因子やその受容体細胞内でのシグナル伝達などであることが多い。逆に、ある遺伝子不活性化されることががんの発症関連している場合、その遺伝子がん抑制遺伝子呼ばれるがん抑制遺伝子本来の機能は、細胞の増殖制御関連していることが多い。

がん遺伝子

遺伝子作られた蛋白質細胞がん化する場合、これをがん遺伝子といいます細胞中には20種類近いがん遺伝子が存在します


がん遺伝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 00:04 UTC 版)

がん遺伝子(がんいでんし、oncogene)とは、ある正常な遺伝子が修飾を受けて発現・構造・機能に異常をきたし、その結果、正常細胞のがん化を引き起こすようなもののことをいう。このとき、修飾を受ける前の遺伝子がん原遺伝子 (proto-oncogene) と呼ぶ。




「がん遺伝子」の続きの解説一覧



がん遺伝子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

がん遺伝子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



がん遺伝子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのがん遺伝子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS