ドデシル硫酸ナトリウムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > ナトリウム > ドデシル硫酸ナトリウムの意味・解説 

ドデシル硫酸ナトリウム

分子式C12H25NaO4S
その他の名称:Sulfuric acid dodecyl=sodiumSulfuric acid dodecyl=sodium salt、Dodecylsulfuric acid sodium salt、ドデシル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムSodium dodecylsulfate、Laurylsulfuric acid sodium saltラウリル硫酸ナトリウム塩、Dodecyl sodium sulfateSDSSodium lauryl sulfateSodium dodecyl sulfate、Lauryl sodium sulfateSodium dodecyl sulphate、SLSSodium laurylsulfateSulfuric acid sodium lauryl ester saltSulfuric acid sodium dodecane-1-yl ester saltSulfuric acid sodium dodecyl、Sulfuric acid lauryl=sodium、Dodecan-1-ol sodium sulfate
体系名:硫酸ナトリウム=ドデシル、ドデカン-1-オール硫酸ナトリウム硫酸=ドデシル=ナトリウム硫酸ラウリル=ナトリウム硫酸ナトリウムドデシル、ナトリウムドデシル=スルファート、硫酸ドデシル=ナトリウム、ナトリウムドデシルスルファート、ナトリウムラウリルスルファート、硫酸ナトリウムラウリル、硫酸ナトリウムドデカン-1-イル


ドデシル硫酸ナトリウム


ラウリル硫酸ナトリウム

(ドデシル硫酸ナトリウム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/01 14:35 UTC 版)

ラウリル硫酸ナトリウム(ラウリルりゅうさんナトリウム、sodium lauryl sulfate, SLS)は陰イオン性界面活性剤の1つ。ドデシル硫酸ナトリウム(ドデシルりゅうさんナトリウム、sodium dodecyl sulfate, SDS, NaDS)とも呼ばれる。硫酸のモノ長鎖アルキルエステルナトリウム塩である。


  1. ^ P. Mukerjee and K. J. Mysels, "Critical Micelle Concentration of Aqueous Surfactant Systems", NSRDS-NBS 36, U.S. Government Printing Office, Washington, D.C., 1971.
  2. ^ N. J. Turro. A. Yekta, J. Am. Chem. Soc., 1978, 100, 5951.
  3. ^ Nakagaki & Yokoyama (1985). “Acid-catalyzed hydrolysis of sodium dodecyl sulfate”. J. Pharm. Sci. 74 (10): 1047-1052. doi:10.1002/jps.2600741005. 
  4. ^ Agner T (1991). “Susceptibility of atopic dermatitis patients to irritant dermatitis caused by sodium lauryl sulphate”. Acta Derm Venereol 71 (4): 296-300. PMID 1681644. 
  5. ^ A. Nassif; S. C. Chan (November 1994). “Abstract: Abnormal skin irritancy in atopic dermatitis and in atopy without dermatitis”. Arch Dermatol 130 (11): 1402. doi:10.1001/archderm.1994.01690110068008.  epub: 2006 May 4
  6. ^ Marrakchi S.; Maibach HI. (2006). “Sodium lauryl sulfate-induced irritation in the human face: regional and age-related differences”. Skin Pharmacol Physiol 19 (3): 177-80. PMID 16679819. 
  7. ^ Anveden, Ingegärd; Lindberg, Magnus; Bruze, M; Isaksson, M; Liden, C; Sommerlund, Wahlberg JE; Wilkinson, JD; Willis, CM (2004-05). Carolyn M Willis (編). “Oral prednisone suppresses allergic but not irritant patch test reactions in individuals hypersensitive to nickel”. Contact dermatitis 50 (5): 298-303. PMID 15209811. 
  8. ^ 高橋昭夫、安藤 弘、久保喜一、平賀輿吾「妊娠マウスに皮膚塗布されたドデシル硫酸ナトリウム (SDS) の胎仔に及ぼす影響」第7巻、1976年。
  9. ^ CTFA Response Statement: Bogus Internet Report on Sodium Lauryl Sulfate (SLS) (米国化粧品工業会 回答文書:SLSに関するインターネット上の偽報告について). Cosmetic, Toiletry, and Fragrance Association (CTFA). (October 13, 2000). オリジナルの2004-04-23時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040423164833/http://www.ctfa.org/Template.cfm?Section=Internet_Rumors&Template=/ContentManagement/ContentDisplay.cfm&ContentID=867.  RSPT 00-3


「ラウリル硫酸ナトリウム」の続きの解説一覧



ドデシル硫酸ナトリウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドデシル硫酸ナトリウム」の関連用語

ドデシル硫酸ナトリウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドデシル硫酸ナトリウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラウリル硫酸ナトリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS