寸止めとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 寸止めの意味・解説 

寸止め

読み方:すんどめ
別表記:寸どめ

(1)空手などの徒手武芸で、相手の体に攻撃当てる寸前止めること。相手打撃によるダメージ与えないようにすること。
(2)俗に性行為においてオーガズム達す直前行為中断すること。特に、男性射精する寸前手コキなどの射精に導く行為中断すること。

すん どめ [0]寸止め

空手試合で、攻撃する部位に拳・蹴りなどが当たる寸前止めること。

寸止め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/24 07:18 UTC 版)

寸止め(すんどめ)とは、空手格闘技などにおいて、直接打撃せずに寸前で止める、もしくはダメージを与えない程度に当てる事。多くの団体では事実上後者が中心となっている。すなわち「当てた」とは接触の有無に関わらず一般にダメージの軽減がなされていない打撃のことを指す。伝統派空手の場合、深くまで突かない・すぐに引きをとるなどでダメージの軽減を計っている。この点、極めが必要とされることからあからさまに力を抜いた攻撃ではポイントにならない。




「寸止め」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寸止め」の関連用語

寸止めのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



寸止めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寸止め (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS