二酸化炭素25%削減とは?

二酸化炭素25%削減

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 15:21 UTC 版)

二酸化炭素25%削減(にさんかたんそ25%さくげん)とは、日本民主党環境政策であり、二酸化炭素2020年までに1990年比で25%、2005年比で33.3%削減して地球温暖化を防ぐ、という内容のものである。これは1970年代における二酸化炭素排出量にあたる。


  1. ^ 「低炭素社会への積極策で経済成長を」『日本経済新聞社』2009年9月9日 社説
  2. ^ 「廃食油と軽油を使い分け 第一貨物が新方式のトラック運行」『河北新報社』2010年7月27日
  3. ^ 痩せ細る米国の新聞、紙の消費が急減”. メディア・パブ (2009年9月5日). 2011年1月10日閲覧。
  4. ^ 20年に温室ガス25%減「政策総動員で実現」鳩山氏が明言
  5. ^ 鳩山首相CO2演説、ヨーロッパで「惨敗」”. レスポンス (2009年9月24日). 2011年1月10日閲覧。
  6. ^ 温室ガス削減の影響試算、首相がやり直し指示へ
  7. ^ 「温室ガス25%減でも所得増 前政権下で試算」、中日新聞社、2009年10月19日 朝刊
  8. ^ 産経新聞 (2012年1月6日). “CO2、25%削減撤回へ 政府、現実的な目標提示”. 2012年7月14日閲覧。
  9. ^ 民主党の国際公約「温室ガス25%削減」を見直しへ 茂木経産相 - MSN産経ニュース2012年12月28日
  10. ^ 安倍首相:CO2の25%削減目標の見直しなど指示-日本経済再生本部 - Bloomberg2013年1月25日
  11. ^ 2005年度(平成17年度)の温室効 果ガス排出量(確定値)”. 環境省 (2006年). 2013年10月1日閲覧。
  12. ^ 温室ガス、05年比6%か7%減目標 原発ゼロ前提に”. 朝日新聞デジタル (2013年10月1日). 2013年10月1日閲覧。
  13. ^ 「経済成長と両立させる政策に知恵絞れ」、社説、日本経済新聞社、2009年10月12日
  14. ^ 石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞 記念講座講義録、早稲田大学出版部
  15. ^ 「脱ダム」一転建設推進?、河北新報、2010年7月21日 20面
  16. ^ CO2削減10%だと製紙業の収益7.8%減少 環境省が試算
  17. ^ Does Ethanol Pollute More than Gasoline?
  18. ^ 「風力発電 健康被害訴え 伊豆の住民ら苦悩 低周波影響か 不眠、頭痛、いらいら 因果関係不明で調査へ 行政手続きに疑問の声」、中日新聞社、2009年09月15日、朝刊特報 21頁
  19. ^ 「にっぽん再起動 CO2削減で脚光 風力発電 エコじゃなく自然破壊? 巨大風車 向かい風 伐採、土砂災害を懸念 計画地で反発」、中日新聞社、2009年10月09日、朝刊特報 27頁
  20. ^ 「25%減」民主支援労組が批判 政調会長は理解求める『朝日新聞』2009年9月9日
  21. ^ 「低炭素社会への積極策で経済成長を」『日本経済新聞社』2009年9月9日 社説
  22. ^ 国際公約「温室効果ガス25%削減」『中日新聞』2009年9月26日(18面 特報 朝刊)
  23. ^ 国際公約「温室効果ガス25%削減」『中日新聞』2009年9月26日(18面 特報 朝刊)
  24. ^ 国際公約「温室効果ガス25%削減」『中日新聞』2009年9月26日(18面 特報 朝刊)
  25. ^ 鳩山政権「温室効果ガス30%削減」の衝撃
  26. ^ 「経済成長と両立させる政策に知恵絞れ」『日本経済新聞社』2009年10月12日 社説
  27. ^ マニフェストの罠にはまっていないか「点検鳩山外交」『産経新聞』2009年9月27日


「二酸化炭素25%削減」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二酸化炭素25%削減」の関連用語

二酸化炭素25%削減のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



二酸化炭素25%削減のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二酸化炭素25%削減 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS