IEAとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > IEAの意味・解説 

IEA(アイ・イー・エー)

参照:IEA 商品別石

IEA(あい・いー・えー)

International Energy Agencyの略で、国際エネルギー機関を意味します。1974年第一次石油危機契機に、エネルギー問題国際的に対応するために設立された石油消費国による機関です。現在26カ国が加盟しています。

IEA

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

国際エネルギー機関

読み方こくさいえねるぎーきかん
【英】: international energy agency
略語: IEA

要石消費国から構成されるエネルギー共同行動機関である。
1970 年代以降OPEC 諸国攻勢対抗する形で合意された「国際エネルギー計画」(IEP)を遂行するために、OECD付属する独立機関として 1974 年 11 月 18 日創設された。その基本的任務は、(1) エネルギー節約石油代替エネルギー利用促進、さらに新エネルギー研究・開発などにより石油への過度依存軽減していくための加盟国間の協力、(2) 石油市場についての情報提供石油会社など諸企業との協議、(3) 安定した国際エネルギー貿易確立エネルギー資源合理的な管理利用促進のため産油国石油消費協力推進、(4) 石油供給途絶といった危険に対処するための加盟国間の緊急時石油融通制度創設、などにある。 加盟国当初フランスを除く EC 8カ国、日本米国カナダスウェーデンスイスオーストリアスペイントルコの計 16 カ国であったが、その後オーストラリアニュージーランドノルウェーポルトガルギリシア加盟し、1985 年末現在で合計 21カ国となっている。なおフランスは、産油国との対決的な色彩が濃いとの理由で、この機関には参加ていない同機関は、最高決定機関として理事会をもち、その下に (1) 緊急時問題、(2) 石油市場問題、(3) 長期協力問題、(4) エネルギー研究開発、(5) 産油国消費国関係、などの 5 常設委員会事務局などを置いており、さらに国際石油会社などで構成される石油産業諮問委員会および石炭産業諮問委員会二つ擁している。IEA の最近活動をみると、緊急時石油融通制度にかかる加盟各国への備蓄増し要請および同制度発動に至るまでの技術的諸問題検討2000 年までの世界長期エネルギー需給見通し策定、さらにエネルギー価格貿易あり方環境問題との関連省エネルギー政策今後進め方石炭原子力など代替エネルギー政策推進策、などの論議が行われている。

IEA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/03/23 00:39 UTC 版)

  • 国際エネルギー機関(International Energy Agencyの略)
  • 国際教育到達度評価学会(The International Association for the Evaluation of Educational Achievementの略)
  • 下腹壁動脈(inferior epigastric arteryの略)
  • アフガニスタン・イスラム首長国(Islamic Emirate of Afghanistan) - ターリバーン政権。
  • 国際疫学学会(International Epidemiologic Association)
  • 国際人間工学会(International Ergonomics. Association)
  • 経済問題研究所(Institute of Economic Affairs) - イギリスのシンクタンク



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「IEA」に関係したコラム

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IEA」の関連用語

IEAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



IEAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2019 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIEA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS