マイクロ水力発電とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 発電 > マイクロ水力発電の意味・解説 

マイクロ水力発電

読み方:マイクロすいりょくはつでん

水力発電のうち、小川用水路などの水流利用して行われる発電規模が100kWに満たない程度小水力発電装置である。

マイクロ水力発電は、設置場所を選ばず、太陽電池とことなり昼・夜を問わずに発電が可能であるという特徴がある。

関連サイト
小水力発電とは? - 全国土地改良事業団体連合会

マイクロ水力発電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/19 21:09 UTC 版)

マイクロ水力発電(マイクロすいりょくはつでん、low head hydro power)とは、小規模な水力発電である。 小水力発電(しょうすいりょくはつでん)、小規模水力発電ともいう。




  1. ^ 北陸トンネルでは毎秒180リットルの湧水を使っての実証試験をしている(『鉄道ファン』2014年3月号148頁)。また、国道162号線「京北トンネル」では視線誘導灯を点灯させている(『京都新聞』2013年12月22日24面 「京北トンネル開通」記事)


「マイクロ水力発電」の続きの解説一覧



マイクロ水力発電と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイクロ水力発電」の関連用語

マイクロ水力発電のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マイクロ水力発電のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイクロ水力発電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS