国際競争力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 国際競争力の意味・解説 

こくさい‐きょうそうりょく〔‐キヤウサウリヨク〕【国際競争力】

読み方:こくさいきょうそうりょく

一国産業企業、あるいはその製品・サービスが、国際市場シェア拡大し市場影響を与える力。また、国や都市が、他国から企業人材呼び込み経済的な繁栄達成する能力


競争力

(国際競争力 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 08:17 UTC 版)

競争力(きょうそうりょく、competitiveness)とは、企業国民経済などが、競争がある市場環境でも、製品やサービスなどを十分に販売、供給する能力を持つことを意味する。より詳細は、用いる分野ごとに異なる。


  1. ^ Horst Gersmeyer: Wettbewerbsfähigkeit von Wirtschaftsstandorten unter besonderer Berücksichtigung industrieller Cluster. Europäische Hochschulschriften.
  2. ^ a b Haidar, J.I., 2012: Impact of Business Regulatory Reforms on Economic Growth, Journal of the Japanese and International Economies, Elsevier, vol. 26(3), pages 285–307, September
  3. ^ Le concept de compétitivité. In: Lionel Fontagné: Compétitivité du Luxembourg: une paille dans l’acier. Rapport pour le Ministère de l’Economie et du Commerce extérieur du Grand-Duché de Luxembourg. (Memento vom 13. 9月 2016 im Internet Archive) (PDF; 1,32 MB) S. 30.
  4. ^ Michael Tolksdorf: Dynamischer Wettbewerb.
  5. ^ Horst Gersmeyer: Wettbewerbsfähigkeit von Wirtschaftsstandorten unter besonderer Berücksichtigung industrieller Cluster. Europäische Hochschulschriften.
  6. ^ Udo Meier: Schriften zur Nationalökonomie.
  7. ^ 『グローバル経済を学ぶ』筑摩書房ちくま新書〉、2007年5月7日。ISBN 978-4-480-06363-2https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480063632/ p.56
  8. ^ Sachverständigenrat zur Begutachtung der gesamtwirtschaftlichen Entwicklung, Jahresgutachten 2004/05, S. 461–462, Rn 455
  9. ^ Paul Krugman: Rethinking International Trade, MIT Press, 1994, ISBN 9780262610957, S. 106
  10. ^ Paul Krugman: Rethinking International Trade, MIT Press, 1994, ISBN 9780262610957, S. 113, 114
  11. ^ Paul Krugman: Rethinking International Trade, MIT Press, 1994, ISBN 9780262610957, S. 114, 115
  12. ^ Paul Krugman: Rethinking International Trade, MIT Press, 1994, ISBN 9780262610957, S. 116-118
  13. ^ Jörg Bibow: The euro debt crisis and Germany’s euro trilemma, Working Papers, Levy Economics Institute of Bard College, 2012, S. 13
  14. ^ Wolfgang Oest: Die westdeutsche Wirtschaft im internationalen Wettbewerb, Duncker & Humblot, ISBN 9783428452903, S. 163
  15. ^ ただし、為替市場への国家介入があればその限りではない
  16. ^ a b Gerhard Rübel: Grundlagen der monetären Außenwirtschaft, Oldenbourg Verlag, 2009, ISBN 9783486590814, S. 224
  17. ^ a b Wolfgang Oest: Die westdeutsche Wirtschaft im internationalen Wettbewerb, Duncker & Humblot, ISBN 9783428452903, S. 167
  18. ^ Peter Bofinger: Zurück zur D-Mark?: Deutschland braucht den Euro, 2012, ISBN 9783426419601, Kapitel II 2 Modell Deutschland
  19. ^ Gerhard Rübel: Grundlagen der realen Außenwirtschaft, Oldenbourg Verlag, 2004, ISBN 9783486275605, S. 137–140
  20. ^ Sachverständigenrat zur Begutachtung der gesamtwirtschaftlichen Entwicklung, Jahresgutachten 2004/05, S. 464, Rn 457
  21. ^ Gerhard Rübel: Außenwirtschaft: Grundlagen der realen und monetären Theorie, Oldenbourg Verlag, 2013, ISBN 9783486716603, S. 129–130
  22. ^ The Global Competitiveness Report 2013-14, Deutschland und Asien werden immer konkurrenzfähiger, FAZ, 4. September 2013
  23. ^ a b 三菱総合研究所『最新キーワードでわかる! 日本経済入門』日本経済新聞出版社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年5月。ISBN 978-4-532-19450-5https://nikkeibook.nikkeibp.co.jp/item-detail/19450 
  24. ^ Paul Krugman: Competitiveness: A Dangerous Obsession. In: Foreign Affairs, Vol. 73 (1994), No. 2, pp. 28?45.
  25. ^ Heiner Flassbeck: Gesamtwirtschaftliche Paradoxa und moderne Wirtschaftspolitik (PDF; 143 kB) S. 8 ?Der Wettbewerb der Nationen“
  26. ^ 英語版 North American Competitiveness Council
  27. ^ 英語版 Competitiveness Policy Council
  28. ^ 英語版 Competitiveness Council (COMPET)
  29. ^ 英語版 National Competitiveness & Productivity Council
  30. ^ Competitiveness, Entrepreneurship & Innovation
  31. ^ National Competitiveness Council
  32. ^ Basque Insititute of Competitiveness
  33. ^ 経済企画庁『昭和34年 年次経済報告 速やかな景気回復と今後の課題』「海外の動向と国際競争力」内閣府ページ
  34. ^ 経済企画庁『昭和29年 年次経済報告 ―地固めの時―』「日本貿易の長期的問題点」内閣府ページ
  35. ^ 「平成二十五年法律第九十八号 産業競争力強化法」e-Gov
  36. ^ a b 『日本建替論 100兆円の余剰資金を動員せよ!』藤原書店、2012年2月。ISBN 978-4-894-34843-1http://www.fujiwara-shoten.co.jp/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1243 
  37. ^ a b c 三和総合研究所『30語でわかる日本経済』日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2000年10月。ISBN 978-4-532-19003-3https://nikkeibook.nikkeibp.co.jp/item-detail/19003 
  38. ^ a b バブルデフレ期の日本の金融政策 (PDF) 」 『バブル/デフレ期の日本経済と経済政策』、経済社会総合研究所(ESRI)、2009年。
  39. ^ a b 『平成大停滞と昭和恐慌 プラクティカル経済学入門』NHK出版NHKブックス〉、2003年8月29日。ISBN 978-4-14-001978-8https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=00019782003 
  40. ^ 『あしたの経済学 改革は必ず日本を再生させる』幻冬舎、2003年1月28日。ISBN 978-4-344-90043-1http://www.gentosha.co.jp/book/b4651.html 
  41. ^ 内閣府. “国民経済計算(GDP統計)”. 内閣府. 2015年10月1日閲覧。
  42. ^ 『日本の経済-歴史・現状・論点』中央公論新社中公新書〉、2007年5月25日。ISBN 978-4-12-101896-0http://www.chuko.co.jp/shinsho/2007/05/101896.html 
  43. ^ a b 『グローバル経済を学ぶ』筑摩書房ちくま新書〉、2007年5月7日。ISBN 978-4-480-06363-2https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480063632/ 
  44. ^ a b “A grounded approach to identifying national competitive advantage” (PDF). エンヴァイロメント・アンド・プランニング (セイジ・パブリケーションズ) A (35): 631-657. (2003年). doi:10.1068/a35110. http://epn.sagepub.com/content/35/4/631.full.pdf. 
  45. ^ 『貿易黒字・赤字の経済学 日米摩擦の愚かさ』東洋経済新報社、1994年9月1日。ISBN 978-4-49-239194-5http://store.toyokeizai.net/books/9784492391945/ 
  46. ^ a b ポール・ロビン・クルーグマン. “Competitiveness: A Dangerous Obsession” ((英語)). 外交問題評議会(CFR). 1994年3月1日閲覧。
  47. ^ “The Impact of Business Regulatory Reforms on Economic Growth” (PDF). Journal of the Japanese and International Economies (エルゼビア) 26 (3): 285–307. (2012年). ISSN 0889-1583. http://poseidon01.ssrn.com/delivery.php?ID=065004099094075103083027029117112077008034068021065036067100101107017075125002115118017016059047050120097083119002106079068067123047029051078025092102079124020080023040052127124007010085122024079101104028110070097026103096017004069078113086103091072&EXT=pdf. 
  48. ^ 『高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学』河出書房新社、2013年9月10日。ISBN 978-4-309-24628-4http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309246284/ 
  49. ^ 戸谷隆夫. “国際競争力の妄想”. 税経新人会全国協議会. 2015年10月1日閲覧。
  50. ^ 『コンパクト 日本経済論』新世社〈コンパクト 経済学ライブラリ〉、2008年12月25日。ISBN 978-4-88384-132-5http://www.saiensu.co.jp/index.php?page=book_details&ISBN=ISBN978-4-88384-132-5 
  51. ^ a b ポール・ロビン・クルーグマン. “The Competition Myth” ((英語)). ニューヨーク・タイムズ. 2011年1月23日閲覧。
  52. ^ 『TPP亡国論』集英社集英社新書〉。ISBN 978-4-087-20584-8http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0584-a/ 
  53. ^ 『ゼロからわかる経済の基本』講談社講談社現代新書〉、2002年12月16日。ISBN 978-4-06-149641-5https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000147101 
  54. ^ ジョン・ケネス・ガルブレイス. “ジョン・K・ガルブレイス「文明の衝突は起きない」 ~ 「グローバルビジネス」1994年8月15日号掲載”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2009年12月30日閲覧。
  55. ^ a b 『今よりマシな日本社会をどう作れるか 経済学者の視野から』編集グループSURE、2013年6月http://www.groupsure.net/post_item.php?type=books&page=shiozawa_imayori 
  56. ^ 塩沢由典 『リカード貿易問題の最終解決 国際価値論の復権』岩波書店、2014年3月27日。ISBN 978-4-00-025569-1http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/X/0255690.html 
  57. ^ 『日本経済が何をやってもダメな本当の理由』日本経済新聞出版社、2011年6月。ISBN 978-4-532-35469-5https://nikkeibook.nikkeibp.co.jp/item-detail/35469 
  58. ^ a b 『構造改革論の誤解』東洋経済新報社、2001年12月14日。ISBN 978-4-492-39361-1http://store.toyokeizai.net/books/9784492393611/ 
  59. ^ Springer Gabler Verlag, Gabler Wirtschaftslexikon, international-competitiveness
  60. ^ The Competitive Advantage of Nations. ハーバード・ビジネススクール. (1990年). ISBN 978-0-684-84147-2. http://www.hbs.edu/faculty/Pages/item.aspx?num=189 
  61. ^ “National Competitiveness: A Question of Cost Conditions or Institutional Circumstances?”. ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・マネジメント (ジョン・ワイリー&サンズ) 15 (3): 197–218. (2004-08-12). doi:10.1111/j.1467-8551.2004.00415.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1467-8551.2004.00415.x/full. 
  62. ^ 日本経済新聞社『世界を変えた経済学の名著』日本経済新聞出版社〈日経ビジネス人文庫〉、2013年5月。ISBN 978-4-532-19684-4https://nikkeibook.nikkeibp.co.jp/item-detail/19684 
  63. ^ 『最新キーワードでわかる! 日本経済入門』日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年9月。ISBN 978-4-532-19142-9https://nikkeibook.nikkeibp.co.jp/item-detail/19142 



国際競争力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 01:24 UTC 版)

法人税」の記事における「国際競争力」の解説

岩田規久男は「日本の法人税率が諸外国に比べて高いことは、日本企業海外流出促し国内産業空洞化一因となるまた、海外企業流入妨げ一因にもなる」と指摘している。 経済学者原田泰は「巨額の財政赤字の中で減税難しいが、法人税減税進めるべきである。法人どこにでも動けるため、成功したときの取り分の多い国に行って立地するそのような立地競争負けないように減税する必要がある」と指摘している。 大田弘子は、法人実効税率引き下げによる企業負担の軽減が「賃金投資配当に回る。高い法人税結果的に家計にも影響与え日本立地として選ばれなければ雇用減少賃金抑制につながる」と指摘している。 伊藤元重は「日本に対する海外からの直接投資は、諸外国と比べて著しく低調である。高い法人税率だけが原因ではないが、高い税率投資の大きな障害になっていることは明らかである」「企業海外投資をする場合市場大きさ人材政治的な安定性技術水準など様々な要因から判断される法人税率だけで、立地投資額決めわけではない」と指摘している。 竹中平蔵は「企業中国など海外での工場立地進める中、税制措置だけで国内投資増えるというと、そう単純な話ではない。財政考慮しある程度投資減税を行うことは政策として有効である」と指摘している。 神野直彦は「日本国外企業への調査では、対日投資の阻害要因として、高賃金品質への厳しさ語学能力などが指摘されており、租税負担の高さについては順位は低い。実効税率引き下げても、工場立地するなどの投資進まず乗っ取りなどの投資生じるだけにである」と指摘している。 植草一秀は「事業活動本拠地海外に移転すれば、税源となる企業生産活動利益海外に移転する」と指摘している。 企業海外流出について野口悠紀雄は、 製造業生産拠点決め最も重要な要因は、賃金の格差であり法人税率ではない。 国際課税原則の下では、その国の企業工場をどこに立地しようと収益をその国に持ち帰る限り最終的にはその国の税率適用され税負担変わらない。 と指摘している。 スミサーズ・アンド・カンパニー(イギリス)のアンドリュー・スミサーズ(Andrew Smithers)は、日本の企業利益率が低いのは過剰投資原因であり、過剰な投資減らして投資効率高め必要があるとしている。また、日本の法人税制は減価償却費過大に認められているため、それが内部留保高め原因になっているとし、法人減税行って国家財政悪化させるだけだと主張している。むしろ企業貯蓄押さえ税制実施すれば賃金配当増え結果的に税収増えるとしている。 経営学者加護野忠男は「最近2012年になって日本企業余剰資金積み増している。企業リスク投資促すことが必要である日本企業投資促すには、単純な法人税減税ではなく投資減税を行うべきである」と指摘している。 経済学者円居総一は「企業内部留保多額の対外投資は、政府勝手に使えるものではない。なぜならそれらのほとんどが、民間ものだからである。企業内部留保投資回せと言っても政府できるのはそれを誘導することだけである。企業内部留保デフレ産物であり、国内需要喚起すれば投資に回る」と指摘している。 JETRO在日外資系企業に対して行ったアンケート調査によると、日本ビジネスを行う上で阻害要因の上位は、①人確保難しさ外国語によるコミュニケーションの難しさ③ビジネスコストの高さ④行政手続複雑さ許認可制度厳しさ、等である。③に関してオフィス賃料人件費人材採用コストの高さ主要因であり税率自体阻害要因として殊更に優先順位が高いではなく、また納税に関する不満で税率そのものではなく納税手続き時間が掛かる事や納税制度複雑さ問題として指摘されている。また日本から海外に生産拠点移した日本の製造業各社に対して内閣府実施したアンケート調査では海外移転主な理由として労働力コスト安さ現地需要拡大現地ニーズへの対応、親会社取引先等の進出に伴って進出、といった要因圧倒的多数であり、現地税制融資等の優遇措置理由海外移転したとの回答極めて少数だった。なお日本の法人税率は長年低下続いている一方で製造業海外現地生産比率長年上昇続いている

※この「国際競争力」の解説は、「法人税」の解説の一部です。
「国際競争力」を含む「法人税」の記事については、「法人税」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国際競争力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「国際競争力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

国際競争力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国際競争力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの競争力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの法人税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS