タイタニック号とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > タイタニック号の意味・解説 

タイタニック‐ごう〔‐ガウ〕【タイタニック号】


タイタニック (客船)

(タイタニック号 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 15:12 UTC 版)

タイタニック英語: RMS Titanic、ロイヤルメールシップ・タイタニック)は、20世紀初頭に建造されたイギリス船籍のオーシャン・ライナー


  1. ^ Titanic Picture Postcards - National Postal Museum
  2. ^ 2017年時点ではドニャ・パス号(異説あり)、ジョラ号(戦時中に沈没した船舶ではヴィルヘルム・グストロフゴヤ)などの犠牲者数が上回っている。
  3. ^ NHK BS世界のドキュメンタリー『タイタニック事故100年「タイタニックの呪い」』 BS1にて、2012年4月4日(正確には4月5日深夜24時〜24時50分)に放送。
  4. ^ タービンは減速ギヤを持たぬ直結タービンで、回転数は毎分170。軸出力は3軸ともほぼ同等であった。
  5. ^ 現代では「Hard starboard」で「面舵一杯」を意味するが、事故当時は「取舵一杯」の意味であった。同様に、現代では「Hard (a) port」で「取舵一杯」だが、事故当時は「面舵一杯」を意味した。
  6. ^ 舵とスクリューが船尾にあることにより発生する尻振り現象のことをいう。この場合、船の損傷を避けるため右に舵を切ることにより、氷山から船体を遠のけようとするために行う。
  7. ^ a b The loss of the SS Titanic : a centennial reappraisal. Sam Halpern. Stroud: History. (2012). ISBN 978-0-7524-6210-3. OCLC 755071971. https://www.worldcat.org/oclc/755071971 
  8. ^ ヒストリーチャンネル制作「タイタニック―知られざる最後―」。
  9. ^ U.S. Senate: Titanic Disaster Hearings: The Official Transcripts of the 1912 Senate Investigation”. www.senate.gov. 2020年10月10日閲覧。
  10. ^ 国際無線電信条約附属業務規則で定められた遭難信号『SOS』が初めて用いられたのは、1909年8月11日、ニューヨークからフロリダに向かっていたクライド・ラインの「アラパホ号(SS Arapahoe)」がハッテラス岬沖でプロペラシャフトの破損事故を起こした際である。
  11. ^ a b ロード、pp.184-188.
  12. ^ https://shonan-mc.org/images/zsmcc/jimukyoku/doc/teitaionsyou_2018.pdf
  13. ^ 肩章のはなし | 中国地方海運組合連合会” (日本語). 活動報告 | 中国地方海運組合連合会. 2021年1月15日閲覧。
  14. ^ 井上たかひこ 『水中考古学 クレオパトラ宮殿から元寇船、タイタニックまで』中央公論新社、2015年、145頁。ISBN 978-4-12-102344-5 
  15. ^ この発見には裏話があり、バラードは海軍に探索の条件として原子力潜水艦のスレッシャースコーピオンの探索を極秘に行うことを要求した。
  16. ^ ナショナルジオグラフィックチャンネルで放送された『仮想現実で暴く!タイタニック号沈没の謎』によると、船尾部分は、海上で船首部分から折れたのではなく、海中で船首部分と切断され、切断箇所より船尾部分へ急激に浸水した為、船体内側から破壊されていったのと、海中を沈下してゆく速度が、船首部分と比べて速かった事から、激しく損傷したとの説を採っている。
  17. ^ 深海のバクテリア、2010年の新種 ナショナルジオグラフィックニュース
  18. ^ 海底のタイタニックに新種のバクテリア ナショナルジオグラフィックニュース
  19. ^ タイタニック号沈没の原因は火災? 新説が浮上”. Huffington Post Japan (2017年1月7日). 2018年4月5日閲覧。
  20. ^ タイタニック号 隠された火災”. ナショナル ジオグラフィック (TV). 2018年4月5日閲覧。
  21. ^ NHKBS1、BS世界のドキュメンタリー「タイタニック 新たな真実」2018年12月10日23時放送
  22. ^ NHKEテレ、ドキュランドへようこそ!「タイタニック 新たな真実」2018年12月28日23時放送
  23. ^ 英インデペンデント紙、「タイタニック号」沈没の新説を語る”. Sputnik 日本 (2017年1月5日). 2018年4月5日閲覧。
  24. ^ 直接法が船の進行方向を指示するのに対して、間接法は帆船で舵柄を押す方向を指示するため逆の号令となる。また、「Starboard」は右舷「Port」は左舷を意味する。
  25. ^ この混乱は1928年にロンドンで行われた「国際海上衝突予防規則の改正に関する国際会議」で修正され、現在では直接法が採用されている。
  26. ^ タイタニック沈没は「操舵ミス」、航海士の孫が明らかに[1]
  27. ^ Human error really sank the Titanic, not an iceberg, granddaughter of ship's second officer claims[2]
    デーリー・テレグラフ原文[3]
  28. ^ タイタニック号沈没の「真犯人は月」、米研究者が新説 -ロイター: 2012年3月8日
  29. ^ a b 『タイタニック号は沈められた』
  30. ^ 北アイルランドの首都ベルファストにあるタイタニック博物館
  31. ^ タイタニック・ベルファスト(Titanic Belfast)
  32. ^ タイタニック博物館、北アイルランドに開館 沈没事故100年
  33. ^ 「タイタニック2号」が2016年就航へ、建造は中国企業
  34. ^ “「利益なき繁忙」中国造船業界が“危険水域”に 500社前後が操業停止も”. 産経ニュース (産経新聞社). (2012年8月15日). https://web.archive.org/web/20121214163219/http://sankei.jp.msn.com/world/news/120815/chn12081508140001-n2.htm 2014年2月8日閲覧。 
  35. ^ 「タイタニック号」が復元され2022年に出航へ 安全設備を搭載”. ライブドアニュース (2018年10月24日). 2018年11月17日閲覧。
  36. ^ 中国テーマパークの「タイタニック号」レプリカ建造計画に生存者の家族らが怒り―英メディア
  37. ^ https://inumimi.papy.co.jp/inmm/sc/kiji/1-1108533-84/
  38. ^ The Titanic - Futility、History On The Net。 - 2019年6月2日閲覧。
  39. ^ スラヴォイ・ジジェク (2015). イデオロギーの崇高な対象. 鈴木晶. 河出書房新社. p. 51. https://books.google.co.jp/books?id=5Lw_DwAAQBAJ&pg=PT51#v=onepage&q&f=false 
  40. ^ 世界史・呪われた怪奇ミステリー 内容詳細”. 紀伊國屋書店BookWeb. 2008年11月27日閲覧。
  41. ^ The Myth of the Titanic Mummy(英文)
  42. ^ The Buritish Museum collection database/The Unlucky Mummy”. 2011年9月11日閲覧。
  43. ^ ロウは自前の銃を持っていた。実際に押し寄せる乗客に対して威嚇射撃などをしていた。
  44. ^ ボックスホールと同じく船長資格を取らずに特別船長資格を取ってはいるが、彼のみ免許取得の際に一度も不合格を言い渡されなかった。
  45. ^ ジェームス・ポール・ムーディー六等航海士
  46. ^ タイタニック、100年後の邂逅
  47. ^ 佐山和夫. 野球の英語A to Z:佐山和夫が語るアメリカ野球用語. 三修社. p. 40. ISBN 978-4384051773 


「タイタニック (客船)」の続きの解説一覧

「タイタニック号」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タイタニック号」の関連用語

タイタニック号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タイタニック号のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイタニック (客船) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS