男女の賃金差とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 男女の賃金差の意味・解説 

男女の賃金差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/15 17:49 UTC 版)

男女の賃金差(だんじょのちんぎんさ, gender pay gap, gender wage gap)とは、男性と女性の賃金差であり、OECDでは男性の賃金の何パーセントにあたるか表される[1]欧州委員会では、男女の平均時給の差として定義されている[2]。これが男女差によるものか、ライフスタイルの選択による暗黙の差別なのか(労働時間数、産休による)、それともはっきりとした差別であるのか、これには議論があった[3][4][5]。2023年ノーベル経済学賞を受賞した研究者であるクラウディア・ゴールディンによって、「現代の男女の収入差(男女の賃金格差)」の原因は、女性間における子供の有無の差・「貪欲な仕事(greedy work)」の存在・男女による「貪欲な仕事」への従事率の差だと明らかにした。




「男女の賃金差」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「男女の賃金差」の関連用語

男女の賃金差のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



男女の賃金差のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男女の賃金差 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS