そうようとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > > そうようの意味・解説 

そうよう そうやう 【宗養】 ○

1526~1563室町後期連歌師別号無為・半斎。宗牧の子優美有心うしん連歌を詠んだ。著「連歌秘袖抄」「宗養三巻集」など。

そう よう さう- [0] 【装用】

( 名 ) スル
道具などを、身に着けて使うこと。 「補聴器を-する」

そう よう さうやう [0] 【 搔

かゆい所をかくこと。 「隔靴(かつか)-」

そう よう -やう 【総様】 ・-よう 【総容】

その座にいる一同全体。 「 -の名代に、又助何とぞ了簡せよ/咄本・露が咄」

そう よう さう- [0] 【蒼

あおばえ。はえ。
君側にあって讒言ざんげん)する人。

そう よう さう- 【蒼

青みを帯びた羽のたか)。しらたか
猛鳥であることから〕 無慈悲役人のたとえ。

そう よう さうえふ [0] 【霜葉】

降りて紅や黄に変色した紅葉

そう痒

【仮名】そうよう
原文pruritus

かゆみ。重度のかゆみは、一部のがん治療の副作用およびある種のがんの症状可能性がある。



そうようと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「そうよう」の関連用語

そうようのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



そうようのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2020 Weblio RSS