そう痒とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > > そう痒の意味・解説 

そう痒

【仮名】そうよう
原文pruritus

かゆみ。重度のかゆみは、一部のがん治療の副作用およびある種のがんの症状可能性がある。

痒み

(そう痒 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 14:18 UTC 版)

痒み(かゆみ)とは、皮膚と眼瞼結膜、鼻粘膜に起こる、引っ掻き反射を引き起こす感覚を指す。


  1. ^ Yosipovitch G, et al. Chronic Pruritus. N Engl J Med 2013; 368:1625-1634.
  2. ^ 慢性痒疹、皮膚瘙痒症”. 難病情報センター. 2015年10月27日閲覧。
  3. ^ 痛み”. 世界大百科事典 第二版. 2014年2月10日閲覧。
  4. ^ "痒み"を感じる脳―"痛み"とは異なる"痒み"を感じる脳の部位を特定―”. 自然科学研究機構 生理学研究所. 2014年2月10日閲覧。


「痒み」の続きの解説一覧



そう痒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「そう痒」の関連用語

そう痒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



そう痒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの痒み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS