符帳とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 符帳の意味・解説 

ふ ちょう [0]-ちやう 【符丁・符帳】 ・-てふ 【符牒

意味をもたせた文字図形記号符号。 「荷物に-を付けておく」
仲間だけに通用する言葉や印。合言葉。 「 -を使う」
商店商品に付ける、その店の印や値段を示す印。 「ああ、こりやあ瓦町油屋の-だ/歌舞伎お染久松色読販
利益などを分配すること。また、その分け前。 「五十両や百両目腐り金、-すると僅か宛(ずつ)/浄瑠璃難波丸金鶏


符帳

読み方:フチョウ(fuchou)

江戸時代売買にさいして交渉に用いた一種隠語

別名 符牒



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「符帳」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
刻印 国語辞典
100% |||||

4
標識 国語辞典
100% |||||

5
略号 国語辞典
100% |||||

6
符号 国語辞典
100% |||||


符帳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



符帳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS