負温度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 負温度の意味・解説 

ふ‐おんど〔‐ヲンド〕【負温度】

読み方:ふおんど

原子分子集まりが、エネルギーが低い状態より高い状態により多く分布していること。熱力学的な平衡からは離れており、過渡的な態として実現する光ポンピング受けた原子分子集団負の温度であり、レーザーメーザー利用される負の温度


負温度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 05:25 UTC 版)

負温度(ふおんど、: negative temperature)とは、統計力学においてボルツマンの原理から定義される温度となること、またその際の温度を指す。




「負温度」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「負温度」の関連用語

負温度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



負温度のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの負温度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS