ショ糖脂肪酸エステルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 工業製品 > 日用品 > 洗剤 > ショ糖脂肪酸エステルの意味・解説 

ショ糖脂肪酸エステル

蔗糖脂肪酸原料としてつくられる食品添加物です。

ショ糖脂肪酸エステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 08:08 UTC 版)

ショ糖脂肪酸エステル(ショとうしぼうさんエステル)は、親水基のショ糖と、親油基の食用油脂から得られる脂肪酸で構成された非イオン性界面活性剤。シュガーエステルとも呼ばれ、主に食品用乳化剤として用いられる。


  1. ^ リョートー シュガーエステル - 三菱化学フーズ株式会社
  2. ^ 食品と容器 2009 Vol.50 No.9』 P.512 缶詰技術研究会 2009年
  3. ^ 山木将悟、濱田菜歩、川合祐史 ほか、ナイシンおよびショ糖脂肪酸エステルによるListeria monocytogenesの付着およびバイオフィルム形成抑制 日本食品科学工学会誌 Vol.64 (2017) No.10 p.493-501, doi:10.3136/nskkk.64.493


「ショ糖脂肪酸エステル」の続きの解説一覧



ショ糖脂肪酸エステルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ショ糖脂肪酸エステル」の関連用語

ショ糖脂肪酸エステルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ショ糖脂肪酸エステルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2019 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのショ糖脂肪酸エステル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS