後援とは? わかりやすく解説

こう‐えん〔‐ヱン〕【後援】

読み方:こうえん

[名](スル)

仕事計画などの後ろだてとなって資金提供した便宜図ったりして援助すること。「市が—するスポーツ大会

後方にひかえる援助の兵。

「後援」に似た言葉

後援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/23 13:18 UTC 版)

ひろしまドリミネーション」の記事における「後援」の解説

広島マスメディア各社後援している。2009年平成21年)度の後援団体以下の通り中国新聞社 NHK広島放送局 中国放送 (RCC) 広島テレビ放送広テレ広島ホームテレビ テレビ新広島 広島エフエム放送広島FM中国コミュニケーションネットワークFMちゅーピーふれあいチャンネル

※この「後援」の解説は、「ひろしまドリミネーション」の解説の一部です。
「後援」を含む「ひろしまドリミネーション」の記事については、「ひろしまドリミネーション」の概要を参照ください。


後援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 05:41 UTC 版)

アントニス・モル」の記事における「後援」の解説

1547年彼はアントウェルペン聖ルカ組合一員となり、すぐあと1548年に、モル興味をもったアラス司教アントワーヌ・ド・グランヴェル後援者となったモル神聖ローマ皇帝カール5世拝謁させたのもグランヴルであったモルのグランヴル後援のもとでの経歴初めに描かれた作品は、2つが特に知られている。『グランヴル枢機卿像』(ウィーン帝立ギャラリー)と、『アルバ公フェルナンド・アルバレス・デ・トレド像』(現在はニューヨーク・ヒスパニック協会)である。 彼は1550年初めイタリア訪問しローマでティツィアーノ作品模写したという。彼の描いたティツィアーノ『ダナエ』像が知られる

※この「後援」の解説は、「アントニス・モル」の解説の一部です。
「後援」を含む「アントニス・モル」の記事については、「アントニス・モル」の概要を参照ください。


後援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 01:41 UTC 版)

大山ミュージックリゾート」の記事における「後援」の解説

鳥取県米子市大山町江府町南部町伯耆町新日本海新聞社山陰中央新報社朝日新聞鳥取総局毎日新聞鳥取支社順不同ここまで。)

※この「後援」の解説は、「大山ミュージックリゾート」の解説の一部です。
「後援」を含む「大山ミュージックリゾート」の記事については、「大山ミュージックリゾート」の概要を参照ください。


後援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 10:22 UTC 版)

エドマンド殉教王」の記事における「後援」の解説

イングランド全土において彼の記録捧げる教会見ることができ、その中にはロンドンにあるクリストファー・レン設計の聖エドマンド殉教王教会含まれており、また聖エドマンドの名前を冠するカレッジいくつかある。エドマンド様々な王、はやり病拷問犠牲者守護聖人みなされ、またローマカトリックイーストアングリア司教区英国サフォーク州、ドゥエ・アビー (Douai Abbey)、そしてフランストゥールーズおいても守護聖人とされている正教会カトリックにおいては彼をイングランド守護聖人とみなしているが、現在のイングランドカトリックにおける国家典礼では彼の日付 (祝い日) は無い。 2006年にはBBCラジオ・サフォーク (BBC Radio Suffolk) やイースト・アングリアン・デイリー・タイムス (East Anglian Daily Times) を含む団体が聖エドマンドイングランド守護聖人指名させるための運動失敗したエドワード3世国家守護聖人としてエドマンドを、ガーター騎士団聖ジョージ結びつけることによってそれにすりかえた。ベリー・セント・エドマンズ選出下院議員デヴィット・ラフリィ (en:David Ruffley) はその運動を始めロンドン多くの請願書届け手助けをした。また、BBCラジオ・サフォークはイングランドの国旗聖ジョージ旗 (白地に赤十字) から新しサフォークの旗 (en) に変えるよう主張した。これは青地三先金冠という柄であり、ノルマン朝時代用いられ紋章旗である。時のイギリス首相トニー・ブレアはこの要求拒否したものの、彼らの試み別の方面で成功したといえる。 「 聖エドマンドサフォーク守護聖人となった•••ブレックファスト・ショーの司会者マーク・マーフィープロデューサーのエミリー・フェローズによって2006年秋始まり成功したこのキャンペーンハイライトである。聖エドマンドはもともとイングランド守護聖人だったが、聖ジョージ追い出された。 」

※この「後援」の解説は、「エドマンド殉教王」の解説の一部です。
「後援」を含む「エドマンド殉教王」の記事については、「エドマンド殉教王」の概要を参照ください。


後援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/28 17:27 UTC 版)

シルキットMTB・デ・ファヴェーラ」の記事における「後援」の解説

大手電話会社の「オイが年90レアル大会提供している

※この「後援」の解説は、「シルキットMTB・デ・ファヴェーラ」の解説の一部です。
「後援」を含む「シルキットMTB・デ・ファヴェーラ」の記事については、「シルキットMTB・デ・ファヴェーラ」の概要を参照ください。


後援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 14:59 UTC 版)

總持寺」の記事における「後援」の解説

当寺院は、自らが所在する横浜市本拠活動しているプロサッカークラブ「横浜F・マリノス」への支援組織一つ横浜F・マリノス法人会」の会員となっており〔2013年5月15日現在“ゴールドメンバー”会員〕、F・マリノスシーズン中必勝祈願当寺に於いて執り行っている。

※この「後援」の解説は、「總持寺」の解説の一部です。
「後援」を含む「總持寺」の記事については、「總持寺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「後援」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

後援

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 00:08 UTC 版)

発音(?)

こ↗-えん

名詞

こうえん

  1. (軍事) 後方控えている援軍
  2. 後ろ盾となり援助すること。

動詞

活用

サ行変格活用
後援-する

「後援」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

後援のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



後援のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのひろしまドリミネーション (改訂履歴)、アントニス・モル (改訂履歴)、大山ミュージックリゾート (改訂履歴)、エドマンド殉教王 (改訂履歴)、シルキットMTB・デ・ファヴェーラ (改訂履歴)、總持寺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの後援 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS