リーフ式サスペンションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > サスペンション > リーフ式サスペンションの意味・解説 

リーフ‐サスペンション【leaf suspension】

読み方:りーふさすぺんしょん

板ばね数枚重ねたリーフスプリング用いた懸架装置構造単純で頑丈なため、トラック鉄道車両用いられる。リーフ式サスペンション。


リーフ式サスペンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/12 14:51 UTC 版)

リーフ式サスペンション(リーフしきサスペンション、Leaf suspension)は、車台車軸をつなぐサスペンション方式の一種で、リーフスプリング(重ね板ばね)により車台を支えるものをいう。


注釈

  1. ^ 独立懸架で板ばねを車軸の支持とばねに兼用したものには、カンチレバー(片持ち)式の板ばねを用いたスイングアクスル式と、横置き板ばねをアッパーアームまたはロワーアームとして用いるダブルウィッシュボーン式がある。独立懸架にばねのみとして用いるものには、横置き板ばねと組み合わせたダブルウィッシュボーン式、トレーリングアーム式(後輪駆動車の後輪用)、マルチリンク式サスペンション(後輪駆動車の後輪用)がある。独立懸架の板ばねでは、鋼製以外に複合素材の単板(モノリーフ)も見られる。固定車軸で板ばねをばねのみとして使うものにはトラニオン式がある。
  2. ^ ただし例外的に2ドアセダンは1980年代初頭まで、カローラワゴンの一部仕様及びバンに2000年代初頭まで採用(共に日本国内向けモデルでの場合)されていた。
  3. ^ ただしコロナとブルーバードの各タクシー仕様車は1990年代半ばまで使用。

出典

  1. ^ 大車林. “トルクロッド”. モーターファン. 2021年9月1日閲覧。


「リーフ式サスペンション」の続きの解説一覧



リーフ式サスペンションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リーフ式サスペンション」の関連用語

1
戦車におけるリーフ式サスペンション ウィキペディア小見出し辞書
100% |||||

2
レプリカ ウィキペディア小見出し辞書
32% |||||

3
leaf ウィキペディア小見出し辞書
30% |||||

4
初代 W901/902/903/904/905型 ウィキペディア小見出し辞書
30% |||||

5
初代 ウィキペディア小見出し辞書
18% |||||

6
16% |||||

7
リーフ 百科事典
16% |||||

8
第4世代 ウィキペディア小見出し辞書
16% |||||

9
車軸懸架方式 ウィキペディア小見出し辞書
16% |||||


リーフ式サスペンションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リーフ式サスペンションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリーフ式サスペンション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS