レプリカ レプリカの概要

レプリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 02:25 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
韓国博物館に展示されている七支刀のレプリカ
サイエンス・ミュージアムに展示されている階差機関2号のレプリカ

ローマ帝国では、ハドリアヌス帝の時代には職業的な複製業が成立し、ギリシア時代のほとんどの作品のレプリカが作られた[1]。原作が失われてしまった場合は、レプリカが学術的・芸術的に重要な価値を持つ[2]

概要

レプリカは、彫刻金属製品の場合には、シリコーン樹脂を用いて細部の凹凸に至るまで正確にを取り、原資料に忠実な彩色を施して製作される。古文書絵画資料の場合は、連続階調で精緻な複製が可能なコロタイプなどの印刷が用いられるほか、絵画などでは模写も行われる。レプリカで再現する資料の状態は使用目的によって異なり、後補の汚れや彩色、破損や欠損状態なども忠実に再現されることもあるが、場合によっては、それらを補って製作当初の姿が再現されることもある。

用途

博物館における展示

レプリカは、しばしば博物館の展示用などの歴史学的な目的のために製作される。時には、オリジナルが存在しない場合もある。一例をあげると、19世紀バベッジによって設計された階差機関2号は実機が製作されなかったが、1980年代に計算機史研究者のアラン・ジョージ・ブロムリー英語版によって設計図を元に復元され、現在はロンドンサイエンス・ミュージアムで展示されている。

博物館展示においては、文化財などの展示物は、温度湿度照明空気質振動など資料に与える影響を考慮し展示環境を整え、木製品や金属製品などは合成樹脂などを用いた保存処理を施した上で展示が行われるが、資料の遺存状態が悪く、博物館施設への移動が状態に悪影響を及ぼす懸念がある場合や、博物館施設への借用が困難な場合などには、レプリカを製作して代用展示を行う。

研究用

化石レプリカ

古生物を研究する場合、標本化石)は貴重なため、レプリカを作成してから研究することがある。採集が困難な場合も、レプリカを作成すれば、持ち帰って詳しく調べることができる。

コレクション用

現代では商品として生産されるレプリカも人気がある。上述のような美術品・工芸品や、プロサッカープロ野球などプロフェッショナルスポーツ選手のレプリカユニフォーム映画小道具を模したプロップレプリカなどである。公式ライセンスによるレプリカは、実物と全く同じ工程で生産された本物に忠実なものもある(違いは背番号や個人名の有無のみ)。スポーツ選手が着用しているものと同等品である場合、レプリカと区別するためオーセンティックまたはプロコレクションと呼ばれる[3][4]


ブレーキ無しの固定ギアバイクに乗るサイクリスト

但し、レース仕様のバイクを公道仕様にしたレーサーレプリカ戦闘機の外観を模したレプリカ機や競輪仕様のバイクを公道仕様にしたトラックレーサーレプリカなどは、コストや法規制の関係で仕様を変えることもあり(公道を走る場合は保安部品取り付けが必須となり、欠けている場合は“違法改造”扱いになる)、全てが本物と同じであるとは限らない。第二次世界大戦中の戦闘機の縮小レプリカを専門とするウォー・エアクラフト・レプリカズ・インターナショナルのような愛好家向けの会社も存在する。

美術ヒストリック・カーの分野では、レプリカはオリジナルではない再製作品をさす。この場合には、レプリカであることが明らかにされていないこともある。

違法行為

一方で、レプリカは違法な偽造、模倣をさして用いられることも多い。特に紙幣や硬貨の偽造について使われるが、ブランド物の衣類、高級バッグアクセサリー、そして、高級腕時計といった商品の模倣に対しても使われる。これらは、海賊版偽ブランド品などと呼ばれて然るべきである。

脚注

[脚注の使い方]

  1. ^ 複製 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク
  2. ^ 複製 日本大百科全書 コトバンク
  3. ^ 春川正明 (2009年3月1日). “JAPAN”. 読売テレビ解説委員室. 讀賣テレビ放送. 2015年5月20日閲覧。
  4. ^ ビバ (2012年4月6日). “祝!プロ野球開幕。阪神タイガースグッズを探しに野球用品売り場に潜入”. ミズノ発見隊. ミズノ. 2015年5月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月20日閲覧。


「レプリカ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レプリカ」の関連用語

レプリカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レプリカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレプリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS