プロサッカーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > プロサッカーの意味・解説 

サッカー

(プロサッカー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 06:52 UTC 版)

サッカー: Association footballは、サッカーボールを用いて1チームが11人の計2チームの間で行われるスポーツ競技の一つである。


注釈

  1. ^ 日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。
  2. ^ 大陸連盟加盟国ではほかにニウエシント・マールテンも使用。近年ではオーストラリアニュージーランドも「soccer」を用いていたが、それぞれ2004年・2007年に名称を「football」に変更した。

出典

  1. ^ W杯視聴者300億人突破 2002年を軽く超える(2006.6、オリンピックプラス、情報源ロイター共同)
  2. ^ 世界で最もファンが多いスポーツトップ10(2010.10、GIGAZINE、元情報源10 Most Watched Sports In The World(同月、Top10List))
  3. ^ ウィズダム英和辞典. 三省堂 
  4. ^ a b c 日本大百科全書. 小学館 
  5. ^ 日本はなぜサッカーと呼ぶ? 世界はフットボールが主流 - 2018ワールドカップ - 朝日新聞
  6. ^ JFA公式HPサッカーQ&A - サッカー全般 (3)サッカーの語源は?
  7. ^ IFAB. “Procedures to determine the winner of a match or home-and-away” (PDF). Laws of the Game 2010/2011. FIFA. pp. 51–52. http://www.fifa.com/mm/document/affederation/generic/81/42/36/lawsofthegame_2010_11_e.pdf 2011年3月4日閲覧。 
  8. ^ How to head a football )”. 2010年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月3日閲覧。
  9. ^ Laws of the game (Law 12)”. FIFA. 2007年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  10. ^ IFAB. “Law 11 – Offside” (PDF). Laws of the Game 2010/2011. FIFA. p. 31. http://www.fifa.com/mm/document/affederation/generic/81/42/36/lawsofthegame_2010_11_e.pdf 2011年3月4日閲覧。 
  11. ^ Laws of the game (Law 8)”. FIFA. 2007年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  12. ^ “England Premiership (2005/2006)”. Sportpress.com. http://www.sportpress.com/stats/en/738_england_premiership_2005_2006/11_league_summary.html 2007年6月5日閲覧。  [リンク切れ]
  13. ^ Laws of the game (Law 3–Number of Players)”. FIFA. 2007年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  14. ^ “Positions guide, Who is in a team?”. BBC Sport (BBC). (2005年9月1日). オリジナルの2007年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071021101352/http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/rules_and_equipment/4196830.stm 2007年9月24日閲覧。 
  15. ^ “Formations”. BBC Sport (BBC). (2005年9月1日). オリジナルの2007年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071017060153/http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/rules_and_equipment/4197420.stm 2007年9月24日閲覧。 
  16. ^ 3. サッカーの起源と伝播 - スポーツの歴史を知る スポーツとは - スポーツ 歴史の検証 - 特集”. 笹川スポーツ財団 (2017年2月10日). 2021年9月13日閲覧。
  17. ^ a b c d e f デイヴィッド・ゴールドブラッド著・野間けいこ訳『2002ワールドカップ32カ国・データブック』株式会社ネコパブリッシング ネコウェブ
  18. ^ History of Football - The Origins”. FIFA. 2018年1月3日閲覧。
  19. ^ “FIFAが「サッカーの発祥地は中国」と認定”. 人民網. (2014年6月11日). http://j.people.com.cn/n/2014/0611/c206603-8739942.html 2018年1月3日閲覧。 
  20. ^ “熱点話題:(20)サッカーの起源は中国”. 毎日新聞. (2014年6月11日). https://mainichi.jp/articles/20140611/mog/00m/030/013000c 2018年1月3日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ a b JFA研修「温故知新」。サッカーとルールの起源を辿る”. 日本サッカー協会 (2013年9月19日). 2014年8月28日閲覧。
  22. ^ a b 山本 浩『フットボールの文化史』筑摩書房、1998年、73=74、76–77。ISBN 978-4480057532
  23. ^ アルフレッド・ヴァール/著 大住良之/監修 遠藤ゆかり/訳『サッカーの歴史』創元社、2002年、20–21。ISBN 978-4-422-21161-9
  24. ^ 山本 浩『フットボールの文化史』筑摩書房、1998年、133–134。ISBN 978-4480057532
  25. ^ “The Football Association”. Bell's Life in London: p. 6. (1863年11月28日). https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Football_Association_(Bells_Life_in_London)_1863-11-28.png. "The President pointed out that the vote just passed to all intents and purposes annulled the business of the evening, whereupon Mr. Alcock said it was too late to proceed further, and moved that the meeting do adjourn till Tuesday next, Dec. 1, and it was so resolved." 
  26. ^ Harvey (2005), pp. 144-145
  27. ^ a b “The Football Association”. Supplement to Bell's Life in London: p. 1. (1863年12月5日). https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Football_Association_(Bell%27s_Life_in_London),_1863-12-05.png 
  28. ^ “The Football Association”. Supplement to Bell's Life in London: p. 1. (1863年12月5日). https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Football_Association_(Bell%27s_Life_in_London),_1863-12-05.png. "Mr Campbell: [...] When the last meeting was held for the express purpose [...] of settling the proposed laws, they ought to have gone on with the rules as proposed by the association, and not taken the course they did as to the Cambridge rules, but the resolution and amendments had been proposed and passed in the way they had been without being properly put to the meeting, because it was found that the "hacking" party were too strong" 
  29. ^ F・P・マグーンJr『フットボールの社会史』岩波書店、1985年。ISBN 978-4004203124
  30. ^ オリンピック物語第五部 アマとプロ〈4〉読売新聞-2004年1月24日付[リンク切れ]
  31. ^ 発育発達から見たゴールデンエイジの概念
  32. ^ 66th FIFA Congress, Mexico City 2016-FIFA公式HP2016年5月13日
  33. ^ a b FIFA Big Count 2006: 270 million people active in football-FIFA公式HP2007年5月31日
  34. ^ Big Count 2006 Statistical Summary Report by Association-FIFA公式HP2007年7月3日
  35. ^ JDFA概要”. 一般社団法人日本ろう者サッカー協会. 2017年2月13日閲覧。
  36. ^ サッカー競技規則2015/2016日本語版、サッカー競技規則2016/2017日本語版
  37. ^ a b 国際サッカー評議会(IFAB)の役割・組織・会議とルール改正手続き・歴史等
  38. ^ 競技規則の解釈と審判員のためのガイドラインP132-P136 国際サッカー評議会の規約-1993年2月承認
  39. ^ a b c サッカー競技規則等-日本サッカー協会公式HP
  40. ^ CLとELで来季から延長戦「4人目」交代枠導入へ、UEFAがルール改正”. フランス通信社 (2018年3月28日). 2019年6月2日閲覧。
  41. ^ 参考:Microsoft PowerPoint - 11. Law 11 Offside.ppt (PDF)FIFA公式サイト (オフサイドの解説スライド)、2010年9月11日参照





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロサッカーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロサッカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサッカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS