今西和男とは?

今西和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 03:13 UTC 版)

今西 和男(いまにし かずお、1941年1月12日 - )は、広島県広島市中区東平塚出身の教育者、元サッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはDF




  1. ^ 東平塚からの疎開そして実家ごと疎開であることから、防火帯(現在の平和大通り)整備のための建物疎開であった可能性がある。
  2. ^ きっかけは1999年に広島に一時在籍していた森山泰行から「将来は地元に帰って小さなクラブを作り、大きく育てたい」というビジョンを聞かされたこと。その後森山はFC岐阜加入し、その直後に今西に顧問就任を要請、今西はこれを快諾した。
  1. ^ a b c d 東京スポーツ』2008年2月6日 <日本代表を作った男たち>
  2. ^ a b c “今西 和男”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_a/kazuo_imanishi.html 
  3. ^ a b c Jリーグニュース vol.12 (PDF)”. Jリーグ (2010年3月31日). 2012年6月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 加部究「GM考察求む、辣腕マネージャー」『サッカー批評』33、2007年1月9日発行、双葉社、52-61頁、木村元彦「日本の元祖GMが語る 監督の選び方」『サッカー批評』44、2009年9月10日発行、70-71頁。
  5. ^ a b c 【FC岐阜】今西和男が広島でやり残したこと”. Sportiva. 2012年6月23日閲覧。
  6. ^ a b #GM論
  7. ^ a b c d e #今西インタビュー、#4
  8. ^ 記者コラム「見た 聞いた 思った」、優れた指導者の条件”. ニッカンスポーツ (2005年5月29日). 2012年6月23日閲覧。
  9. ^ 恩師・今西和男さん”. サムライ吉田安孝がサンフレッチェ広島を斬る (2007年1月23日). 2012年6月23日閲覧。
  10. ^ Jリーグ20年、熊本の場合”. J's GOAL (2012年5月17日). 2012年6月23日閲覧。
  11. ^ a b c d 次代へのバトン:戦後70年を語る/1 広島市出身の被爆者でJ1広島・元総監督、今西和男さん(74)/上”. 毎日新聞 (2015年8月11日). 2015年9月20日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i 【育将・今西和男】 被爆の後遺症を乗り越えて、日本代表選手に”. スポルティーバ (2015年8月6日). 2015年8月7日閲覧。
  13. ^ a b c d e f Jリーグ群像, pp. 125-151.
  14. ^ a b c d e f g h #今西インタビュー、#1
  15. ^ a b c d 被爆の後遺症に負けず”. 朝日新聞 (2012年6月5日). 2012年6月23日閲覧。
  16. ^ a b FC岐阜ゼネラルマネジャー・今西和男さん、自分の体験語る決意”. 毎日新聞 (2009年8月5日). 2012年6月30日閲覧。
  17. ^ a b c d DFで活躍 けがで引退”. 朝日新聞 (2012年6月6日). 2012年6月23日閲覧。
  18. ^ #今西インタビュー、#2
  19. ^ 勝沢要『イレブンよ 熱き大地を駆けろ』、テレハウス、1986年1月、102頁
  20. ^ #今西インタビュー、#3
  21. ^ a b c d 【育将・今西和男】のちの日本代表監督ハンス・オフトを招聘した男”. スポルティーバ (2015年10月10日). 2015年10月11日閲覧。
  22. ^ a b c d 地元支援 プロ化かなう”. 朝日新聞 (2012年6月7日). 2012年6月23日閲覧。
  23. ^ 潮智史『日本代表監督論―日本代表をつくってきた男たちの10年』講談社、2002年、33-38頁。ISBN 9784-06-308650-8二宮清純 (2010年12月10日). “第127回 日本代表監督、こう選んだ<前編>”. SPORT COMMUNICATIONS. 2017年7月6日閲覧。武智幸徳. “川淵三郎、大いに語る”. Number Web. 文藝春秋. 2017年7月10日閲覧。
  24. ^ 【育将】オフトが振り返る。「あの試合、イマニシがいてくれたら」”. スポルティーバ (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  25. ^ #今西インタビュー、#5
  26. ^ 田中茂「J LEAGUE WEEKLY REPORT」『週刊サッカーダイジェスト日本スポーツ企画出版社、1994年6月29日、46-48頁。
  27. ^ 横井伸幸「〈COLUMNS PARTⅡ〉 SOCCER 富樫洋一」『Sports Graphic Number』343号、文藝春秋、1994年7月7日、114頁。
  28. ^ a b 監督問題でゴタゴタ”. 朝日新聞 (2012年6月12日). 2012年6月23日閲覧。
  29. ^ a b 協会の体質改善なくして、代表強化なし”. 二宮清純スポーツコミュニケーションズ (2010年9月19日). 2012年6月23日閲覧。
  30. ^ 岡田監督でW杯出場”. 朝日新聞 (2012年6月13日). 2012年6月23日閲覧。
  31. ^ 肌で感じた国際舞台”. 朝日新聞 (2012年6月15日). 2012年6月23日閲覧。
  32. ^ a b #今西インタビュー、#6
  33. ^ #今西インタビュー、#8
  34. ^ #今西インタビュー
  35. ^ J2岐阜悲願の「1」へ 倉田監督「昇格争いだ」 2010年1月20日付けスポーツニッポン
  36. ^ FC岐阜「社長に経営責任」 予算管理団体で知事言及”. 岐阜新聞 (2012年6月13日). 2012年6月23日閲覧。
  37. ^ 「FC岐阜、社長交代を」細江市長、経営責任に言及”. 岐阜新聞 (2012年7月25日). 2012年8月16日閲覧。
  38. ^ 小宮良之 (2016年8月9日). “「Jリーグの功労者」今西和男はなぜ、不当な仕打ちで排除されたか?”. 週プレNEWS. 集英社. 2017年9月24日閲覧。
  39. ^ 今西和男代表取締役社長、服部順一取締役、辞任のお知らせ”. FC岐阜 (2012年8月24日). 2012年8月24日閲覧。
  40. ^ FC岐阜、来季存続へ 今西社長辞意、薫田氏で後任調整”. 岐阜新聞 (2012年8月25日). 2012年8月25日閲覧。
  41. ^ FC岐阜新社長に県OB”. 朝日新聞 (2012年9月2日). 2012年9月8日閲覧。
  42. ^ 今西和男氏、名誉顧問退任のお知らせ - FC岐阜・2013年3月31日
  43. ^ a b 【育将・今西和男】今西-恩田-宮田、FC岐阜の歴史がつながった瞬間 - WebSportiva・2016年9月5日
  44. ^ 今西 和男 - researchmap


「今西和男」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「今西和男」の関連用語

今西和男のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



今西和男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの今西和男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS