フィールドワークとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > ワーク > フィールドワークの意味・解説 

フィールドワーク

行政入力情報

団体名称 フィールドワーク
所轄 東京都
主たる事務所所在地 豊島区池袋二丁目26番地12号
従たる事務所所在地
代表者氏名 﨑山 宏之
法人設立認証年月日 2005/01/28 
定款記載された目的
この法人は、広く一般市民対象として良質環境形成を介して、健康で文化的都市環境自然環境調和共存する社会づくりの支援啓蒙活動に関する事業行い、快適な空間調和のとれた環境社会づくりの振興普及により人々健康増進青少年の健全育成推進し、人々舞台である都市環境自然環境保護、及び地域活性化寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

フィールドワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/04 06:09 UTC 版)

フィールドワーク: field work)は、ある調査対象について学術研究をする際に、そのテーマに即した場所(現地)を実際に訪れ、その対象を直接観察し、関係者には聞き取り調査やアンケート調査を行い、そして現地での史料資料の採取を行うなど、学術的に客観的な成果を挙げるための調査技法である。地学地理学では巡検ともいう。


  1. ^ a b c d e f g 前野浩太郎 (著) バッタを倒しにアフリカへ 光文社新書 2017年
  2. ^ Malonowski,B., Argonauts of the Western Pacific, London : Routledge and Kegan Paul, 1922.(寺田和夫ほか訳 「西太平洋の遠洋航海者」、泉靖一増田義郎編訳 『マリノフスキー・レヴィ=ストロース』、中央公論社<世界の名著59>、1967年)。
  3. ^ 佐藤郁哉 『暴走族のエスノグラフィー』、新曜社1984年
  4. ^ Evans-Pritchard, The Nuer, Oxford : Clarendon Press, 1940.(向井元子訳 『ヌアー族』、岩波書店、1978年)
  5. ^ Raymond Firth, We, the Tikopia, London : George Allen and Unwin, 1936.
  6. ^ 九学会連合編 『漁民と対馬 - 共同研究』、関書院、1952年。
  7. ^ 中根、1987年、22頁以下。
  8. ^ 佐藤、1992年、123-128頁。
  9. ^ 佐藤、1992年、140-145頁。
  10. ^ その一例として、経済学者中西徹によるフィリピンスラム経済に関する研究(1991年)、を参照。


「フィールドワーク」の続きの解説一覧

フィールドワーク

出典:『Wiktionary』 (2010/08/04 02:33 UTC 版)

フィールド ワーク

語源

英語 fieldwork

名詞

  1. 現地調査実地調査
  2. 野外調査

対義語




フィールドワークと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィールドワーク」の関連用語

フィールドワークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フィールドワークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2019 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィールドワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフィールドワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS