フィールドワークとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > ワーク > フィールドワークの意味・解説 

フィールドワーク【fieldwork】

読み方:ふぃーるどわーく

野外など現地での実態即した調査・研究野外調査

「フィールドワーク」に似た言葉

フィールドワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 14:56 UTC 版)

フィールドワーク: field work)は、ある調査対象について学術研究をする際に、そのテーマに即した場所(現地)を実際に訪れ、その対象を直接観察し、関係者には聞き取り調査やアンケート調査を行い、そして現地での史料資料の採取を行うなど、学術的に客観的な成果を挙げるための調査技法である。地学地理学では巡検ともいう。


  1. ^ a b c d e f g 前野浩太郎 (著) バッタを倒しにアフリカへ 光文社新書 2017年
  2. ^ Malonowski,B., Argonauts of the Western Pacific, London : Routledge and Kegan Paul, 1922.(寺田和夫ほか訳 「西太平洋の遠洋航海者」、泉靖一増田義郎編訳 『マリノフスキー・レヴィ=ストロース』、中央公論社<世界の名著59>、1967年)。
  3. ^ 佐藤郁哉 『暴走族のエスノグラフィー』、新曜社1984年
  4. ^ Evans-Pritchard, The Nuer, Oxford : Clarendon Press, 1940.(向井元子訳 『ヌアー族』、岩波書店、1978年)
  5. ^ Raymond Firth, We, the Tikopia, London : George Allen and Unwin, 1936.
  6. ^ 九学会連合編 『漁民と対馬 - 共同研究』、関書院、1952年。
  7. ^ 中根、1987年、22頁以下。
  8. ^ 佐藤、1992年、123-128頁。
  9. ^ 佐藤、1992年、140-145頁。
  10. ^ その一例として、経済学者中西徹によるフィリピンスラム経済に関する研究(1991年)、を参照。


「フィールドワーク」の続きの解説一覧

フィールドワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 16:49 UTC 版)

シナ・チベット語族」の記事における「フィールドワーク」の解説

シェーファーとベネディクト使用した無文言語記述は、多く宣教師植民地政府統治者によって記録されたものであり、言語学的にみた正確さ問題がある小さなシナ・チベット語族言語大部分は近づきがたい山間地話されており、その多く政治的軍事的に敏感な地域であって調査禁じられている。1980年代まで、もっともよく調査されていた地域ネパール北部タイであった1980年代から1990年代にかけてヒマラヤ中国南西部新し調査公刊された。中でも特に興味ぶかいのは、新しい語派である四川省およびその隣接地域話されるチアン語群発見である。

※この「フィールドワーク」の解説は、「シナ・チベット語族」の解説の一部です。
「フィールドワーク」を含む「シナ・チベット語族」の記事については、「シナ・チベット語族」の概要を参照ください。


フィールドワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 10:05 UTC 版)

開智未来中学・高等学校」の記事における「フィールドワーク」の解説

他校での、遠足修学旅行などに相当する行事単なる観光旅行とは違い目標課題持ち探求」することを目的としている。

※この「フィールドワーク」の解説は、「開智未来中学・高等学校」の解説の一部です。
「フィールドワーク」を含む「開智未来中学・高等学校」の記事については、「開智未来中学・高等学校」の概要を参照ください。


フィールドワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 01:07 UTC 版)

開智日本橋学園中学・高等学校」の記事における「フィールドワーク」の解説

調査観察疑問発見仮設考える→検証考察発表」という一連の流れ繰り返すことにより、思考力及び課題解決能力育成する正しい「解答」や「結論」を出すことよりも、どのように考え調査実験検証したの方法や過程重要視されている。

※この「フィールドワーク」の解説は、「開智日本橋学園中学・高等学校」の解説の一部です。
「フィールドワーク」を含む「開智日本橋学園中学・高等学校」の記事については、「開智日本橋学園中学・高等学校」の概要を参照ください。


フィールドワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 10:15 UTC 版)

鳥居龍蔵」の記事における「フィールドワーク」の解説

十代から、鳥居徳島をはじめ四国各地、後、東京帝大在職中も、日本各地のフィールド・ワークを行いその度に展示会講演会開催人類学考古学普及努めた鳥居が「アジア大陸歩かれ旅程は恐らく幾万キロ突破したであろうといわれる。「現在のような飛行機の便はなく、船・車・馬利用し、又徒歩であった。しかも丹念に学問的観察をなし、その成果発表した」「彼の足跡当時台湾朝鮮シベリア蒙古満州シナ西南部・樺太等の各地に及んだ」。

※この「フィールドワーク」の解説は、「鳥居龍蔵」の解説の一部です。
「フィールドワーク」を含む「鳥居龍蔵」の記事については、「鳥居龍蔵」の概要を参照ください。


フィールド・ワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 10:12 UTC 版)

瀬川清子」の記事における「フィールド・ワーク」の解説

瀬川その生涯訪れた調査地は、300箇所近くにのぼり、その数は同時代民俗学者の中で群を抜いている。全国山村調査海村調査得られ民俗資料瀬川調査に依っている部分大きい。海村調査は3箇年計画実施される予定であったが、第二次世界大戦の影響により2年助成金打ち切られた。軍事施設の多い海浜地帯調査スパイ嫌疑かけられるといった事情から困難を極めたが、瀬川15の海村訪れ調査行っている1939年昭和14年段階において調査行ったのは海村調査メンバーの中で瀬川1名のみであった

※この「フィールド・ワーク」の解説は、「瀬川清子」の解説の一部です。
「フィールド・ワーク」を含む「瀬川清子」の記事については、「瀬川清子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フィールドワーク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

フィールドワーク

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:12 UTC 版)

フィールド ワーク

語源

英語 fieldwork

名詞

  1. 現地調査実地調査
  2. 野外調査

対義語


「フィールドワーク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フィールドワークと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィールドワーク」の関連用語

フィールドワークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フィールドワークのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィールドワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシナ・チベット語族 (改訂履歴)、開智未来中学・高等学校 (改訂履歴)、開智日本橋学園中学・高等学校 (改訂履歴)、鳥居龍蔵 (改訂履歴)、瀬川清子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフィールドワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS