スイッチング・コストとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > マーケティング > コスト > スイッチング・コストの意味・解説 

スイッチング・コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/18 20:09 UTC 版)

スイッチング・コスト: switching cost)または切り替え費用とは、ある商品から他の商品、あるいはあるブランドから他のブランドに切り替えることに伴って発生する費用である[1]。金銭的な費用に限らず、切り替えに伴って必要となる習熟や慣れに要する時間(の機会費用)や心理的費用なども含まれる[2]取引コストの一種である。例として、探索コストなどがある。


  1. ^ 小田切宏之 『企業経済学』 東洋経済新報社、2010年、第2版、132頁。ISBN 978-4-492-81301-0
  2. ^ 中小企業のための実践マーケティング 第5回 競合から顧客を守る 〜スイッチングコスト〜”. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング (2013年10月1日). 2016年1月11日閲覧。
  3. ^ 安田洋祐「電子マネーとポイントカードのスイッチングコスト分析」、『オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学』第55巻第1号、日本オペレーションズ・リサーチ学会、2010年1月1日NAID 110007504187


「スイッチング・コスト」の続きの解説一覧



スイッチング・コストと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スイッチング・コスト」の関連用語

スイッチング・コストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スイッチング・コストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスイッチング・コスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS