経済主体とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 経済主体の意味・解説 

けいざい‐しゅたい【経済主体】

経済活動を行う単位マクロ経済学では家計企業政府分類する。金融機関投資家消費者生産者個人などさまざまなグループを経済主体として捉えることができる。


経済主体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/25 09:15 UTC 版)

経済主体(けいざいしゅたい、: economic agent)は、経済学における概念であり、経済活動を行う基本的単位のことである。性質の捉え方には違いがあるものの、いずれの学派などにおいてもを包有する。




「経済主体」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経済主体」の関連用語

経済主体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経済主体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済主体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS