新安塩田奴隷労働事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 新安塩田奴隷労働事件の意味・解説 

新安塩田奴隷労働事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/13 09:22 UTC 版)

新安塩田奴隷労働事件(しなん えんでん どれいろうどうじけん)とは、2014年2月6日に発覚した大韓民国全羅南道新安郡にある島、曽島[1]塩田における知的障害者への奴隷人身売買搾取事件[2][3][4]。知的障害者が、違法な職業斡施業者に誘われて離島の塩田に奴隷として送り込まれ、劣悪な環境と周囲の黙認の下で長期間に渡って救出もされずに奴隷的労働をさせられていた[3]


[ヘルプ]
  1. ^ CHOI KYUNG-HO and KIM BONG-MOON (2014年2月12日). “Exploitation cases spark a nationwide probe” (English). Korea Joongang Daily (JoongAng Ilbo). オリジナル2014年5月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140525200017/http://koreajoongangdaily.joins.com/news/article/article.aspx?aid=2984794&cloc=joongangdaily 2016年12月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d “今がいったい何世紀?…大韓民国を熱くする‘奴隷労働’”. ハンギョレ. (2014年2月17日). オリジナル2015年8月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150802000249/http://japan.hani.co.kr/arti/politics/16724.html 
  3. ^ a b c d e f g h i j k “【新・悪韓論】知的障害者の塩田奴隷と黙認し続けた韓国社会のおぞましさ”. ZAKZAK. (2014年2月27日). オリジナル2014年3月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140307063940/http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140227/frn1402270826000-n1.htm 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m “障害者ら100人「奴隷」に強制労働…韓国「塩田奴隷事件」“差別の現実””. 産経新聞. (2014年4月1日). オリジナル2014年10月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141027124635/http://www.sankei.com/west/news/140410/wst1404100005-n1.html 
  5. ^ “韓国の塩田で起きた奴隷労働事件の実態…「奴隷の島」1月17日公開決定”. 映画.com. (2017年1月6日). http://eiga.com/news/20170106/12/ 2017年8月20日閲覧。 
  6. ^ [1]「韓国で最も清らかな場所」で奴隷事件に次ぎ性的暴行事件が発覚=韓国ネット「最も汚く醜い場所」「国民の安全のため旅行禁止区域に指定を」


「新安塩田奴隷労働事件」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「新安塩田奴隷労働事件」の関連用語

新安塩田奴隷労働事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



新安塩田奴隷労働事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新安塩田奴隷労働事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS