前向性健忘とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 健康 > 健忘 > 前向性健忘の意味・解説 

前向性健忘(ぜんこうせいけんぼう)

ある時点か以降の記憶障害されること。たとえばベンゾジアゼピン系睡眠薬では服薬前の記憶障害されないが、服用後ある一定期間または夜間中途覚醒したときのことを記憶していないという前向性健忘がみられることがある用量増やした時やアルコールとの併用みられることが多い。

前向性健忘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 17:23 UTC 版)

健忘」の記事における「前向性健忘」の解説

受傷などをした時点以降の記憶抜け落ちる状態。記憶障害回復後出来事記憶できない症状記銘、すなわち新し物事覚えることができなくなってしまう状態。

※この「前向性健忘」の解説は、「健忘」の解説の一部です。
「前向性健忘」を含む「健忘」の記事については、「健忘」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「前向性健忘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



前向性健忘と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「前向性健忘」の関連用語

前向性健忘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



前向性健忘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Suimin.netSuimin.net
Copyright(c)suimin.net All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの健忘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS