ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 睡眠薬 > ベンゾジアゼピン系睡眠薬の意味・解説 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬(べんぞじあぜぴんけいすいみんやく)

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は1960年代開発されたで、現在使用される睡眠薬はほとんどがこの系である。睡眠薬への誤解飲み続けると薬用量が増えてやめられなくなる、服用をやめる時にせん妄が起きる、飲む量を間違えると死ぬ、など)は、昔使われていたバルビツール酸系副作用よるもので、現在では睡眠薬としてバルビツール酸系使用されることはほとんどない。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は生命の危険を招くことの少なで、副作用は出にくい。種類によって作用時間特性異なり症状に合った種類薬剤処方されるため、医師には眠れない状態を正確に伝えることが必要である。そして他人症状に対しては、かえって悪化させる場合もあるので、勝手に譲ったりしてはいけない。また服用時には医師指導に従い、決して自分判断止めたり、増量したりしてはいけない。



ベンゾジアゼピン系睡眠薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||


6
100% |||||


8
94% |||||


10
94% |||||

ベンゾジアゼピン系睡眠薬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベンゾジアゼピン系睡眠薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Suimin.netSuimin.net
Copyright(c)suimin.net All rights reserved

©2020 Weblio RSS