集団訴訟とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 訴訟 > 訴訟 > 集団訴訟の意味・解説 

しゅう だんそしょうしふ- [5] 【集団訴訟】


集団訴訟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/20 13:54 UTC 版)

集団訴訟(しゅうだんそしょう)とは、同一の事件について利害関係を共通にする複数の人間が、同時に原告側となって起こした民事訴訟のこと。特に原告が多数なものは大規模訴訟とも言われる。法的には複雑訴訟形態のうちの多数当事者訴訟の一種となるが、厳密な訴訟類型としては共同訴訟や選定当事者訴訟、クラスアクションなど様々な形式が含まれている[1][2]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 田村譲「用語-裁判
  2. ^ a b c 御器谷法律事務所「集団訴訟の現状
  3. ^ a b 「アメリカ合衆国クラスアクション調査報告書」 - 日本弁護士連合会
  4. ^ a b c 上原, 池田 & 山本 2006, pp. 220-221
  5. ^ 例えば、アメリカ合衆国の場合、連邦民事訴訟規則英語版第23条(原文)ほかに規定がある。
  6. ^ 無料という名目でAT&Tから購入した携帯電話について、実際は、消費税(sales tax)として30.22ドルが課せられたことについて、消費者がAT&Tから欺罔されたとして、クラスアクション訴訟を提起した事件
  7. ^ (1)契約が附合契約(交渉力で優位な企業が一方的に契約条項を定め、消費者と交渉する機会を持たない契約)であり、(2)消費者による訴えの請求金額が、個人での提訴を躊躇するほど少額であり、そして、(3)企業が、多数の消費者に対し、各々から少額の金額を詐取するような欺罔スキームを故意に実行すること、という要件を満たす場合、その消費者契約におけるクラスアクション放棄条項は非良心的であるとして無効となるというルール。非良心的というのは、各要件に照らし、クラスアクションによらなければ他に救済手段がないケースだということができる。
  8. ^ 法と経済のジャーナル Asahi Judiciary 米国の集団訴訟の行方、連邦最高裁AT&T事件判決の衝撃 2011/06/22
  9. ^ いつの間にかiPod nano集団訴訟の原告になっていた
  10. ^ 鳥澤孝之「Google Book Searchクラスアクション(集合代表訴訟)和解の動向とわが国の著作権制度の課題」(2009年12月20日)


「集団訴訟」の続きの解説一覧





集団訴訟と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「集団訴訟」の関連用語

集団訴訟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



集団訴訟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの集団訴訟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS