共晶とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 鉄鋼用語 > 共晶の意味・解説 

共晶

eutectic
冷却過程で、一つの融液から二つ上の固相が密に混合した組織への変化、又はその反応で生じた組織
備考平衡状態図で共晶成分より合金元素濃度少なときには亜共晶(hypo-eutectic)、多いときには過共晶(hyper-eutectic)という。

共晶

ある溶湯から2種類の成分一定の割合同時に晶出凝固)した混合物
成分が単に混じっているのではなく両方結晶粒子間に結合力が働いている。
例:共晶ハンダ

共晶(共融混合物)

 2成分以上を含む単一液体から、ある温度以下で同時に晶出する2種上の固相(結晶)の混合物

共晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/27 16:23 UTC 版)

共晶(きょうしょう、eutectic)は合金などが凝固するときの凝固形態、結晶組織の一つで、液相Lが分解して固相αと固相βを形成したときにできる結晶である[1]。 共晶ができるような反応を共晶反応(eutectic reaction)という[1]


  1. ^ a b 日本機械学会 『機械材料学』 日本機械学会、2008年、52-53頁。ISBN 978-4-88898-169-9


「共晶」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共晶」の関連用語

共晶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



共晶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2019 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2019 (有)イーマテリアル
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2019 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共晶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS