三硝酸グリセリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > グリセリン > 三硝酸グリセリンの意味・解説 

ニトログリセリン

分子式C3H5N3O9
その他の名称:ニオング、ニトロネト、ニトロング、ニトロスパン、ニトロスタート、ニトログリセリン、三硝酸グリセリン、トリニトログリセロール、Niong、Nitrong、Nitronet、Nitrospan、Nitrostat、Nitroglycerin、Trinitroglycerol、1,2,3-Propanetriol trinitrate、Trinitric acid 1,2,3-propanetriyl、Glycerol trinitrate、Nitroglycerine、Glycerol nitrate、ニトログリセロール、Nitroglycerol、Glycerin trinitrate、グリセリルトリニトラート、Glyceryl trinitrate、Nitroderm、ニトロダーム、SK-850、SK-878、SK-866、ニトロダームTTS、トリニトリン、Trinitrin、1,2,3-Propanetriol trisnitrate、NTGグリセリン硝酸、Millisrol、ミリスロール、1,2,3-Propanetriyltris(nitrate)、ジドレン、Dydrene、ニトロペン、Nitropen、バソレーター、Vasolator、ミニトロ、Minitro、メディトランス、Meditrans、ミリステープ、Millistape、Nitroderm TTS
体系名:グリセロールトリニトラート、グリセリントリニトラート、1,2,3-プロパントリオールトリニトラート、三硝酸1,2,3-プロパントリイル、1,2,3-プロパントリオールトリスニトラート、1,2,3-プロパントリイルトリス(ニトラート)


ニトログリセリン

(三硝酸グリセリン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/11 04:29 UTC 版)

ニトログリセリン: nitroglycerin)とは、有機化合物で、爆薬の一種であり、狭心症治療薬としても用いられる。


  1. ^ これはニトログリセリン製造工場に勤務していた狭心症を患う従業員が、自宅では発作が起こるのに工場では起こらないことから発見されたという。
  2. ^ グリセリンを -193 °C に冷却後、一日以上の時間をかけてゆっくりと温度を上げ、17.8 °C にすることで種結晶がなくても結晶化する。


「ニトログリセリン」の続きの解説一覧



三硝酸グリセリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三硝酸グリセリン」の関連用語

1
ニトログリセリン 化学物質辞書
54% |||||

三硝酸グリセリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三硝酸グリセリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニトログリセリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS