脱離とは?

だつ り [1][0]脱離

スル
はなれること。はなれのがれること。離脱小我の煩熱を-せん/欺かざるの記 独歩

脱離反応

(脱離 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 00:32 UTC 版)

脱離反応(だつりはんのう、: elimination reaction)は、化合物原子団を放出してより原子数の少ない分子となる反応形式のことを言う。硫酸によってアルコール脱水し、オレフィンとなる反応は脱離反応の好例である。反応機構別に E1反応E2反応 に分けられる。また反応機構的には全く異なるがカルボン酸脱水縮合も脱離反応に含める場合があり、硫酸によりフタル酸無水フタル酸になるのがこの例である。




「脱離反応」の続きの解説一覧

脱離

出典:『Wiktionary』 (2010/06/04 13:35 UTC 版)

名詞

(だつり)

  1. 抜け離れること。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
脱離-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脱離」の関連用語

脱離のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



脱離のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脱離反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの脱離 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS