明鏡止水とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 自然 > 水・氷 > 明鏡止水の意味・解説 

明鏡止水

英語:めいきょうしすい

明鏡止水(めいきょうしすい)とは、くもりのない鏡と静かにたたえた水の意で、心に邪念ややましさがなく落ち着き払っている状態をいう言葉である。「めいけいしすい」ともいう。

典拠は『荘子』徳充符の一節「人鑑於流水、而鑑於止水」(人は流水を鏡とせず、止まっていを鏡とする)および「鑑明塵垢不止」(鏡にくもりがないのは、塵やごみがつかないからだ)である。

また、淮南子』俶真訓には、『荘子』と同旨の「人鑑於流沫、而鑑於止水者、以其静也。窺形於生、而窺於明鏡者、以其易也」(人が流水を鏡とせず、止まっていを鏡とするのは、それが静かだからだ。生に姿を映さず、くもりのない鏡に映すのは、それが平らかだからだ)という一節がある。

1989年7月宇野宗佑首相退任会見において発言した「明鏡止水の心境であります」は世相語となった。

類義語に「虚心坦懐」があるが、「虚心坦懐」は先入観のないことを含意し、「虚心坦懐話し合う」などと用いる一方、「明鏡止水」は単に心が落ち着いている状態をいう。また、虚心坦懐」は形容動詞としても用いるが、「明鏡止水」は形容動詞にはならない

例文:「明鏡止水の境地」「明鏡止水の心境達する」「明鏡止水のように心を澄ます」

関連サイト
莊子/德充符 - 維基文庫
淮南子/俶真訓 - 維基文庫

執筆稲川

めい きょうしすい -きやう- [5]明鏡止水

荘子 徳充符
くもりのない鏡と波立たない静かな水の意。心にやましい点がなく、澄みきっていること。 -の心境
「明鏡止水」に似た言葉


明鏡止水(めいきょうしいすい)

研ぎすました鏡の如く、又静止清澄水の如く澄み切って、どんな小さなものをも心に写す心境のことで、剣道では相手動きをこの浄玻璃写し直ちに対応しなければならない。心にさざ波立て相手動きをとらえることはできない。したがって剣道ではこの清澄心境を「明鏡止水」と称して尊ぶのである

明鏡止水

出典:『Wiktionary』 (2018/02/23 22:33 UTC 版)

成句

めいきょうしすい

  1. (「明鏡」とは曇りのない澄んだ鏡、「止水」は静かに澄み、たまってい何の邪念無く静かに落ち着き澄み切っている心の状態。



明鏡止水と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明鏡止水」の関連用語

明鏡止水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



明鏡止水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2020 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの明鏡止水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS