フォルダとは? わかりやすく解説

フォルダ [folder]

パソコンデスクトップ上で文書データアプリケーションソフトなどを分類して入れておくための入れ物のこと。フォルダの中に複数のフォルダを入れることも可能。

フォルダ

【英】folder

フォルダとは、デスクトップメタファー用いコンピュータ利用環境において、データ任意の分類ごとに管理するための場所の概念である。

デスクトップメタファーとは、グラフィカルユーザーインターフェースGUI)を用いコンピュータ利用環境において、伝統的なデスクワーク同じような感覚コンピュータ操作できるようにと考案され概念である。デスクトップメタファーに基づいて構築され操作環境デスクトップ環境呼ばれる

デスクワークにおいて、机上置かれた文書は、ある程度量が増えた場合には適切に分類し束ねるなどしてまとめて管理できれば便利である。フォルダも、デスクトップ環境において、データ束ねて一個単位としてまとめて扱う役割を持つ。例えば、フォルダは削除複製移動といった操作対象になる。

各フォルダには、ファイル呼ばれるデータ任意の数だけ置くことができる。また、フォルダは入れ子構造を持つことができる。ファイルと共に下位フォルダを設置して階層的なツリー構造構成することができる。

WindowsMacintosh環境では、OS起動すると、まずはログインしたユーザー専用デスクトップ表示される画面上表示では、フォルダは、それと分かる専用アイコン表示されるコンピュータを表すアイコンを開くことにより、トップレベルのフォルダから、下の階層へと辿っていくことができる。また任意位置のフォルダから、その上下に移動することができる。

Windowsのフォルダには、特定の位置にあるフォルダのショートカット作り任意のフォルダ内に設けることができる。これによって、フォルダのツリー構造の上では離れた場所にあるフォルダにも簡単にアクセスできるようになる。フォルダのショートカット同等の機能は、他の環境ではエイリアスシンボリックリンクなどの名称で呼ばれている場合がある

フォルダとよく似た概念に、ディレクトリがある。ディレクトリとフォルダの違いとしては、次のようにいうことができる。すわなち、ディレクトリOS上のファイルシステムの中で用いられるほぼ物理的な対象一致する概念である。これに対してフォルダは、デスクトップのメタファー寓意)という、より人間寄り文脈の中で特に意味を付与されている概念であるといえる

デスクトップメタファー持たないMS-DOSUNIXでは、もっぱらディレクトリ概念が用いられ、フォルダの概念用いられない。フォルダとディレクトリは、物理的な実体として必ずしも一致しない場合があるが、おおむね同じものを指すものであり、多くの場面で同一のものと理解されている。

ファイルとフォルダのほかの用語一覧
ファイルシステム:  ベーシックディスク  ファイル  ファイルシステム  フォルダ  ファイルタイプ  隠しファイル  拡張子

フォルダ

読み方ふぉるだ

ファイルまとめて収納する箱と考えると分かりやすい。フォルダに名前を付けてその中関連ファイル収納し管理する。フォルダの中にさらにフォルダを作ることもできる。メモリーカードなかにもいくつかのフォルダがある。画像は「DCIM」などの名前のフォルダに収納されている。

フォルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:51 UTC 版)

フォルダフォルダー: folder




「フォルダ」の続きの解説一覧

フォルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:00 UTC 版)

流星のロックマンシリーズ」の記事における「フォルダ」の解説

フォルダとは、ウェーブバトルで使用するバトルカード入れ物のことを言う。基本的にバトルカード1枚1回しか使えないが、使用してもフォルダから消えことはない通常装備したフォルダを使用するが、「3」の「ファイナライズ」中は専用のフォルダに変更される。ただし、フォルダの編集にもルールがある。 フォルダには30バトルカードが必要。 スタンダードクラスはフォルダに30入れられる同名カード3枚まで。 メガクラスはフォルダに最大5まで入れられる同名カード1枚まで。 ギガクラスはフォルダに最大1枚入れられる同名カード1枚まで。 スターカードはフォルダの決まった場所3枚まで入れられる同名カード1枚まで。 レジェンドカード決まった場所1枚入れられる

※この「フォルダ」の解説は、「流星のロックマンシリーズ」の解説の一部です。
「フォルダ」を含む「流星のロックマンシリーズ」の記事については、「流星のロックマンシリーズ」の概要を参照ください。


フォルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 07:21 UTC 版)

流星のロックマン3」の記事における「フォルダ」の解説

前作まで編集不能な予備フォルダを含め3つまで所持できたのが、編集可能なフォルダが1つ増え4つまで所持できるようになった

※この「フォルダ」の解説は、「流星のロックマン3」の解説の一部です。
「フォルダ」を含む「流星のロックマン3」の記事については、「流星のロックマン3」の概要を参照ください。


フォルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 03:40 UTC 版)

SKYMENU」の記事における「フォルダ」の解説

生徒用のデータフォルダを管理するまた、生徒他の生徒のフォルダにはアクセス出来ない

※この「フォルダ」の解説は、「SKYMENU」の解説の一部です。
「フォルダ」を含む「SKYMENU」の記事については、「SKYMENU」の概要を参照ください。


フォルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 02:22 UTC 版)

バトルチップ」の記事における「フォルダ」の解説

バトルチップ301組したもの戦闘時使用するバトルチップは、この「フォルダ」へ前もって入れておく必要があり、ウィルスバスティングをする際自分で作ったフォルダが使われるため、フォルダの内容でウィルスバスティングのやり方変わってくる。フォルダ内のバトルチップ戦闘中では1回しか使えないが、使用したチップそのものはフォルダから消失することはない。 フォルダを組む際の決まり以下の通り。なお、シリーズが進むごとに制限が多くなっている。 エグゼ1では同じチップ10まで エグゼ2では、同じチップは5まで(コード違っても“同じチップ”と見なされる。以下同様) エグゼ3〜5では、同じチップは4まで(4.53枚まで) エグゼ6ではチップ設定された容量MB)によってフォルダに入れられる枚数の上限が変化する。0〜19MB:520〜29MB:430〜39MB:3枚40〜49MB:2枚、50MB〜99MB:1枚 エグゼ1では、ナビチップは種類にかかわらず全部で5まで。 エグゼ2では、ナビチップはサイト・ブラザースタイルは8それ以外スタイルは5まで。 エグゼ3〜5では、同じナビチップ複数入れられず、初期状態では合計5まで。ナビカスやスタイルチェンジ(エグゼ3)、改造カードエグゼ4〜5)により合枚数変化するエグゼ6では、チップMBによっては同じもの複数入れ事も可能。合計5まで。ナビカス改造カードにより変更可能

※この「フォルダ」の解説は、「バトルチップ」の解説の一部です。
「フォルダ」を含む「バトルチップ」の記事については、「バトルチップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フォルダ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

フォルダ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:34 UTC 版)

名詞

フォルダー表記のゆれ:フォルダーホルダー

  1. 紙ばさみ
  2. 折り本
  3. ファイルまとめて入れておく場所

語源


「フォルダ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「フォルダ」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フォルダ」の関連用語

フォルダのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フォルダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフォルダの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフォルダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの流星のロックマンシリーズ (改訂履歴)、流星のロックマン3 (改訂履歴)、SKYMENU (改訂履歴)、バトルチップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフォルダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS