流し満貫とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 麻雀用語 > 流し満貫の意味・解説 

流し満貫 ナガシマンガン

流局までに(途中流局は除く)、ヤオチュウ牌のみを打牌しつづけ、かつその牌に仕掛け一つも入らないと成立する役。

流し満貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 15:35 UTC 版)

流し満貫(ながしマンガン)とは、麻雀におけるのひとつ。流局時に、自分の捨て牌がすべて么九牌だった場合に成立する。ただし、捨てた牌を他家に1枚でも鳴かれている場合は成立しない。表記揺れとして流満貫(ながしマンガン)[1]、別名として么九振切(幺九振切、ヤオチューふりきり)[2]とも呼ばれる。






「流し満貫」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「流し満貫」の関連用語

流し満貫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



流し満貫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2020 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの流し満貫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS