混老頭とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 麻雀用語 > 混老頭の意味・解説 

混老頭 ホンロウトウ 二翻役

二翻役
喰い下がりなし
混老頭混老頭混老頭混老頭混老頭混老頭混老頭 混老頭混老頭混老頭 混老頭混老頭混老頭 アガリ混老頭混老頭
全ての面子一九字牌刻子のみで作った形。必ずトイトイチートイツ複合するので、実質四翻役。また、一九牌のみで作ったら清老頭役満

混老頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 09:36 UTC 版)

混老頭(ホンロウトウ)とは、麻雀におけるのひとつ。4面子1雀頭が全て么九牌(一九牌と字牌)だけで構成された和了形。門前2翻、副露しても2翻。略して混老(ホンロウ)と呼ばれることもある。




  1. ^ 昭和50年代に発表された「新現代ルール」では、清一色小三元などと共に混老頭が5翻役として分類されている(天野大三/青山敬『新「現代ルール」による 図解 麻雀入門』梧桐書院、1979年、0076-590868-2368、p108に混老頭の詳細)。ただし「新現代ルール」は現在では廃れてしまった傍流のルール体系である。


「混老頭」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「混老頭」の関連用語

混老頭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



混老頭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2020 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの混老頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS