槍槓とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 麻雀用語 > 槍槓の意味・解説 

槍槓 チャンカン 一翻役

一翻役
喰い下がりなし
他家が加カン(ポンしているところに同じ牌を持ってきたときにできる)し、その牌が自分アガリ牌だったときはチャンカンとなり一翻。暗槓(手牌に4ある牌をカンすること)の場合出来ない(雀荘によっては国士無双のときは暗槓でもチャンカン認めているところもある)。

槍槓 チャンカン

麻雀アガリ役のひとつ。他家ポンしている人が、少明カン(加カン)したときにそれが自分ロン牌である時にあがれるというもの。一翻役

槍槓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/18 03:33 UTC 版)

槍槓(搶槓、チャンカン)とは、麻雀におけるのひとつ。1飜。他家が加槓を宣言した際、その牌が自らの和了牌であれば和了を宣言できるというもの。ロン和了として扱われ、加槓した者が放銃者となる。表記揺れとして手偏搶槓と書かれることもある。古い文献では「搶槓和」(チャンカンホウ)と表記しているものもある。




  1. ^ 天鳳. “マニュアル”. 2012年5月24日閲覧。例えば天鳳のルールページでは「ルール / 段位戦4人打ち」の節に「同一巡内の選択ロン和了なし(加槓牌を含む)」と明記されている。
  2. ^ 天鳳. “マニュアル”. 2012年5月24日閲覧。「ルール / 段位戦3人打ち」の節に「抜いた北は役満以外でも和了可能」と明記されており、役ありテンパイの北単騎であれば、相手が抜いた北をロンすることができる。


「槍槓」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「槍槓」の関連用語

槍槓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



槍槓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2020 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの槍槓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS