麻雀の反則行為とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 麻雀の反則行為の意味・解説 

麻雀の反則行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/18 07:11 UTC 版)

麻雀の反則行為では、麻雀におけるルール違反、いわゆるチョンボについて概説する。チョンボがあった場合、チョンボした者が罰符の支払い(多くは満貫払い)をしたあと、「ノーゲーム・ノーカウントとしてその局をやりなおす[1]」のが一般的である。その局に出されたリーチ棒などの供託点は出した者に戻り[1]積み棒は積まずに局をやり直す[2]。また、親も移動しない[2]






「麻雀の反則行為」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麻雀の反則行為」の関連用語

麻雀の反則行為のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



麻雀の反則行為のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麻雀の反則行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS