ダブル立直とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ダブル立直の意味・解説 

ダブル立直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/18 05:47 UTC 版)

ダブル立直(ダブルリーチ)とは、麻雀におけるのひとつ。親は配牌、子は第1ツモの時点でテンパイし、第1打で立直した場合、通常の1翻ではなく2翻として計算する。ただし、第1打の前の自家による暗槓または他家によるチー・ポン・カンが入っていた場合は、第1打でのリーチ宣言でもダブル立直にはならず、通常のリーチとして扱われる。




  1. ^ a b Maru-Jan. “ルール”. 2013年4月12日閲覧。九種九牌と四風連打についての注記に「ダブルリーチが入った場合も成立」と明記されている。
  2. ^ 井出洋介監修 『平成版 麻雀新報知ルール』 報知新聞社1997年ISBN 9784831901187p136-p137。
  3. ^ a b 井出洋介監修 『平成版 麻雀新報知ルール』 報知新聞社1997年ISBN 9784831901187p138-p139。
  4. ^ バビロン(馬場裕一) 『麻雀手役大事典』 毎日コミュニケーションズ2002年ISBN 4839908672p179、「現行のルールにおけるダブルリーチこそが現在のリーチの原形で、元々はリーチといえばダブルリーチのことであった」「今で言うリーチはかつては途中リーチと呼ばれていた」とある(大意)。


「ダブル立直」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダブル立直」の関連用語

ダブル立直のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダブル立直のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダブル立直 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS