頑張とは?

頑張

「頑張る」の語幹名詞形の「頑張り」などを、送り仮名を省いて「頑張」と表記する場合はある。「頑張れ」の俗な表現である「ガンバ!」を漢字表記したもの、という解釈は普通はされない。

がん‐ば・る【眼張・頑 グヮン 張】

〔他ラ五(四)

たしかめ覚えておく。目をつけておく。ねらう。

浄瑠璃軍法富士見西行(1745)二「目が見えずば声を眼ばって置いて下んせ」

歌舞伎高麗大和白浪(1809)五立「『頭、金の在所(ありか)を』『頑張ってかっしゃったか』」

② 目を大きく見開いて、物を見据える。特に、歌舞伎で、役者見得を切る時に目を見開く

見張りをする。

洒落本・根柄異軒之伝(1780)「大道がんばって、かな釘一本でも落て居る物を拾ふ

頑強座を占める一所にじっと控え動かないでいる。

落語素人人力(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「先此処に雁張(ガンバッ)て居やう」

(5) 困難に屈せず努力しつづける。忍耐してやりとおす

童謡お山の杉の子1944)〈吉田テフ子サトウハチロー〉「体を鍛へ 頑張って 頑張って 今に立派な 兵隊さん

(6) 自説強硬主張する。また、頑固に意地張る。我(が)を張る

ヴィヨンの妻(1947)〈太宰治〉一「ここ二、三頑張れば、どうにかかうにか対等資格で、和睦出来る」

[補注]「眼張る」から出た語と考えられるが、「頑張る」は、「我張る」「我に張る」から変したものという説もある。


がん‐ばり【眼張・頑 グヮン 張】

〔名〕

両眼大きく見開くこと。特に、歌舞伎舞台役者が目を見開いて見得を切ること。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「役者三人出て、だんまりとかがんばりとかで、何かわからず引ぱり合て」

② ねばり強くがんばること。

影法師1968)〈遠藤周作〉「貴方の言うように頑張りの足りなかったことも認めます」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頑張」の関連用語

頑張のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



頑張のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS