磯部勉とは?

磯部勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/02 02:10 UTC 版)

磯部 勉(いそべ つとむ、1950年10月13日[2] - )は、日本男性俳優声優ナレーターエンパシィ所属[3]。過去の所属はアンクルベイビー。




注釈

  1. ^ 同作のドラマ版では映画版で池田が演じたロジャー・マータフ役を務めた。
  2. ^ 納谷悟朗版でも磯部はヘストンと敵対するユル・ブリンナーの役で声を務めている。

出典

  1. ^ 『日本タレント名鑑』VIPタイムズ社、2007年、34頁。ISBN 9784990124267
  2. ^ a b c d 磯部 勉”. 日本タレント名鑑. 2020年1月27日閲覧。
  3. ^ a b c 磯部 勉”. エンパシィ. 2020年1月27日閲覧。
  4. ^ a b 村上健一. “『ポセイドン・アドベンチャー』磯部勉インタビュー”. 吹替の帝王. 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン. 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 小山力也 (2007年10月25日). “力也の気持ち。-対決シリーズ第6弾〜〜因果の鎖〜〜”. livedoor Blog. LINE. 2017年12月20日閲覧。
  6. ^ a b 2014年3月5日発売『ロボコップ ディレクターズ・カット〈日本語吹替完全版〉』封入のインタビュー集より。
  7. ^ Gungrave”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  8. ^ MONSTER”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  9. ^ ブラックラグーン”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  10. ^ ONE OUTS Nobody wins,but I!”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  11. ^ 閃光のナイトレイド”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  12. ^ BLADE”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  13. ^ へうげもの”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  14. ^ ヨルムンガンド”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  15. ^ ヨルムンガンド PERFECT ORDER”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  16. ^ 登場キャラクター”. 金田一少年の事件簿リターンズ. 東映アニメーション. 2016年2月27日閲覧。
  17. ^ COWBOY BEBOP 天国の扉”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  18. ^ ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  19. ^ KING of THORN いばらの王”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  20. ^ 機動戦士 ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  21. ^ TRIGUN BADLANDS RUMBLE”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  22. ^ Mardock Scramble 圧 縮 The First Compression”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  23. ^ Mardock Scramble 燃 焼 The First Cumbustion”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  24. ^ 「マルドゥック・スクランブル 排気」 スタッフ・キャスト”. マルドゥック・スクランブル 排気 公式サイト. マルドゥック・スクランブル製作委員会. 2012年6月2日閲覧。
  25. ^ 劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  26. ^ character”. KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV公式サイト. 2016年6月17日閲覧。
  27. ^ Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」”. アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」. 2018年10月27日閲覧。
  28. ^ 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』38キャラが登場する第3弾特報、第2弾ポスタービジュアル解禁!バレット役は磯部勉さんに決定!!”. ONE PIECE.com (2019年4月11日). 2019年4月11日閲覧。
  29. ^ OVA 「BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail」”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  30. ^ 週刊少年ジャンプ』No.36・37合併号より。[要文献特定詳細情報]
  31. ^ レギス・ルシス・チェラム”. FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15). SQUARE ENIX. 2016年5月31日閲覧。
  32. ^ Claudiu|CHARACTER|蒼き革命のヴァルキュリア”. セガ. 2016年8月28日閲覧。
  33. ^ 週刊ファミ通』2019年11月21日号、KADOKAWA、2019年11月7日。
  34. ^ 『ゴースト・オブ・ツシマ』レビュー。オープンワールド時代劇と化した対馬は遊び応え満点。秀逸な剣戟アクション+豊富な探索要素の傑作!”. ファミ通 (2020年7月14日). 2020年7月17日閲覧。
  35. ^ ヒーローズ編集部[リンク切れ]
  36. ^ トゥモローランド”. ふきカエル大作戦!! (2015年6月6日). 2017年5月6日閲覧。
  37. ^ スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月30日閲覧。
  38. ^ 『ブレードランナー2049』日本語吹替版声優が決定、ハリソンはインディも演じた磯部勉が再演”. AERA dot. 2017年10月19日閲覧。
  39. ^ 人生は、最高の冒険だ。ハリソン・フォード主演『野性の呼び声』ブルーレイ+DVDセット、7/3(金)発売!6/17(水)先行デジタル配信開始!”. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2020年5月8日閲覧。
  40. ^ RED/レッド〜RED”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  41. ^ アイアンマン2”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  42. ^ 『エクスペンダブルズ3』最強日本語吹替え声優陣が発表!”. ぴあ映画生活. 2015年2月21日閲覧。
  43. ^ 吹替音声の収録が終了致しました!”. クロックワークス. 2020年10月9日閲覧。
  44. ^ インデペンデンス・デイ”. 金曜ロードSHOW!. 日本テレビ. 2016年7月13日閲覧。
  45. ^ X-MEN2”. 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2016年7月22日閲覧。
  46. ^ ダークボのふきカエ偏愛録”. ふきカエレビュー. ふきカエル大作戦!!. 2014年12月1日閲覧。
  47. ^ “今田美桜、吹き替え声優初挑戦!『メン・イン・ブラック』で「カッコイイ役」”. シネマカフェ (イード). (2019年5月9日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/05/09/61451.html 2019年5月9日閲覧。 
  48. ^ レッドクリフ”. 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2016年7月23日閲覧。
  49. ^ 登場人物”. NHK. 2017年2月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月16日閲覧。
  50. ^ “仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!”. 宇宙船 (ホビージャパン) Vol.137: 17. ISBN 978-4798604213. 


「磯部勉」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「磯部勉」の関連用語

磯部勉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



磯部勉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磯部勉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS