パンドラとは?

Pandora

読み方:パンドラ

Pandoraとは、ユーザー自身好み音楽分析ピックアップしてくれる機能が備わった音楽配信サービスのことである。米カリフォルニアPandora Media社が開発したもので、2005年8月29日初め公開された。

Pandoraでは、個々の曲について、特徴傾向といった情報が、述べ400項目にわたり分析されている。ユーザー自分の好きな曲やアーティストの名前をPandoraに入力すると、その曲と同様の傾向を持った曲が再生される。Pandoraはこの仕組みを「音楽ゲノムプロジェクト」(The Music Genome Project)と呼んでいる。

音楽分析は、一曲一曲に対して個別行われているので、アーティスト音楽ジャンルといった従来分類によっては見つけにくかった曲も発見できるとされる新しく気に入った曲やアーティスト発見した際には、Amazon.comiTunes Storeジャンプして購入することも簡単にできる。

2007年2月現在、Pandoraは会員登録制で、無料サービス利用することができる。プレイヤーインターフェース一部広告表示されるが、使用料支払うことによって広告表示させなくすることも可能である。


参照リンク
Pandora - (英文
About The Music Genome Project - (英文
音楽のほかの用語一覧
音楽配信サービス:  Music Unlimited  mora  Napster  Pandora  雷電  SoftBank MUSIC BOX  ストリーミング

パンドラ

作者重松清

収載図書ビタミンF
出版社新潮社
刊行年月2000.8

収載図書ビタミンF
出版社新潮社
刊行年月2003.7
シリーズ名新潮文庫


パンドラ


パンドラ

名前 Pandora

パンドーラー

(パンドラ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 13:39 UTC 版)

パンドーラー古希: Πανδώρα, Pandōrā)は、ギリシア神話に登場する女性[1]、神々によって作られ人類の災いとして地上に送り込まれた。人類最初の女性とされる[1]。パン(Παν)は「全てのもの」であり、パンドーラーは「全ての贈り物」を意味する。




  1. ^ a b c d e f 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960年、200頁。
  2. ^ a b c 芝崎みゆき『古代ギリシアがんちく図鑑』バジリコ、2006年、36,38,44頁。
  3. ^ 松村一男、森雅子、沖田瑞穂 編『世界女神大事典』原書房、2015年、317頁。
  4. ^ a b c d 中務哲郎訳『ヘシオドス 全作品』京都大学学術出版会2013年、481頁。


「パンドーラー」の続きの解説一覧



パンドラと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パンドラ」の関連用語

パンドラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パンドラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPandoraの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンドーラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS