IS14SHとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > IS14SHの意味・解説 

IS14SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 09:09 UTC 版)

AQUOS PHONE IS14SH(あくおす ふぉん あいえす いちよんえすえいち)は、シャープによって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話ISシリーズの一つで、CDMA 1X WIN対応フルスライド型スマートフォンである。製造型番はSHI14(えすえいちあい いちよん)。メーカー型番はAF21




  1. ^ 最厚部は15.4mm
  2. ^ 対応プロファイルHSPHFPA2DPAVRCPOPPPBAPSPPDUN。ただし、DUNによるPCのダイヤルアップ接続は不可で、カーウイングス等カーナビ専用用途。
  3. ^ [1]
  4. ^ IS04/IS11S/ISW12HT/ISW11M/IS13SH/ISW11K/ISW11F/IS12F/IS11LG/IS11N/ISW11SC/IS14SH向けLISMO Player (Ver 2.00.02) バージョンアップのお知らせ | au - 2012年6月29日
  5. ^ 過去にCD等からPC上のLSIMO Portへ取込んだ楽曲のISシリーズ端末への転送、及び、過去に同電話番号のLISMO対応au携帯電話で購入した着うたフル着うたフルプラス、ビデオクリップのLISMO Portでのバックアップ&ISシリーズ端末への転送は、LISMO Port 4.4以降で対応。なお携帯のmicroSDからの差し替えにも対応し、MP3やMP4などにも対応する。
  6. ^ USB接続のMTPモードにすることによりWindows標準のWindows Media PlayerからWMAでの転送にも対応。ただしWMAはあらかじめインストールされているメディアプレイヤーかLISMO以外のプレイヤーアプリで対応。
  7. ^ 録画はMicroSDに記録されるためダビング10は非対応。AQUOSブルーレイディスクレコーダー連携機能対応。
  8. ^ EZwebのメールは無線LANでの利用は不可。
  9. ^ デコレーションアニメの送信は非対応だが、IS端末で受信した場合はflashファイルで添付ファイルとして受信される。
  10. ^ プリインストールアプリのDocuments To Goで対応。Word、Excel閲覧。PDF閲覧、Word編集、Excel編集は有料版を購入。
  11. ^ 別途、au one Marketからのダウンロードにて対応
  12. ^ au one Market「かんたんメニュー」 - KDDI
  13. ^ USB経由または直接SDカードへ転送。レコーダーによって転送できる放送の種類等は異なるが、AQUOS以外の他社レコーダーからでも持ち出せる。
  14. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2012年3月5日
  15. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2012年4月25日
  16. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2012年7月18日
  17. ^ microSDXCメモリカードをご利用いただく際のご注意について | au - 2012年6月14日
  18. ^ ただしアップデートを適用してもこれまで通りmicroSDXCカードには非対応のままとなる。
  19. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2012年10月4日
  20. ^ au携帯電話の「ケータイアップデート」についてのお知らせ | au - 2013年3月19日


「IS14SH」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IS14SH」の関連用語

IS14SHのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



IS14SHのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIS14SH (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS