INFOBAR_A02とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > INFOBAR_A02の意味・解説 

INFOBAR A02

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/12 01:16 UTC 版)

INFOBAR A02 by iida(インフォバー エー ゼロ ニ バイ イイダ[5])は、HTC(輸入元・HTC NIPPON)によって開発され、auブランドを展開するKDDI及び沖縄セルラー電話第3世代/第3.5世代移動通信システム(au 3G。旧・CDMA 1X/CDMA 1X WIN)、および第3.9世代移動通信システムau 4G LTE)対応ストレート型スマートフォンである。製造型番はHTX21(エイチティーエックス ニイチ)、「2013年度グッドデザイン賞」受賞・「グッドデザイン・ベスト100」選定商品となっている。




  1. ^ 共通ACアダプタ04使用時
  2. ^ 対応プロファイルはHSP、HFP、AVRCP、OPP、SPP、PBAP、HID、FTP、PAN
  3. ^ ワンセグはBluetoothでの音声は非対応。FMはアンテナの代わりとなるイヤホンを接続する。
  4. ^ au電話の比吸収率について > INFOBAR A02 - au(KDDI) 2013年2月22日閲覧。
  5. ^ a b 製品パンフレットより
  6. ^ S-MAX編集部 (2013年1月25日). “KDDI、au向け4G LTE対応スマホ「INFOBAR A02」の発表会を開催!デザイナー深澤直人や中村勇吾ら開発陣によるトークセッションで“ようかん”に例えるなどの開発秘話も【レポート】”. エスマックス. http://s-max.jp/archives/1538255.html 2013年1月30日閲覧。 
  7. ^ 端末本体には”iida”の文字はない。KDDIプロダクト企画1部尾崎高士によると、「iidaプロジェクトの中の一環として出しており」「(INFOBAR等、製品の)ブランドを大切にし、これを周知したい」としてiidaブランドを前面に押し出さない形となった。INFOBAR発表会” (2013年1月25日). 2013年1月30日閲覧。
  8. ^ 田中聡 (2013年1月24日). “写真で解説する「INFOBAR A02」(外観編)”. ITMedia Mobile. http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1301/24/news142.html 2013年1月25日閲覧。 
  9. ^ “「INFOBAR A02」向け卓上ホルダの発売について” (プレスリリース), KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社, (2013年4月22日), http://www.au.kddi.com/information/topic/mobile/20130422-01.html 
  10. ^ 過去にCD等からPC上のLSIMO Portへ取込んだ楽曲の当端末、およびLシリーズ端末への転送、過去に同電話番号のLISMO対応au携帯電話で購入した着うたフル着うたフルプラス、ビデオクリップのLISMO Portでのバックアップ&当機種を含むLシリーズ端末への転送は、LISMO Port 5.0が必要(なお、LISMO Portは2013年11月29日を以て無償ダウンロードによるサービスを終了した)となる。このほか携帯のmicroSDからの差し替えやMP3やMP4(M4V含む)などにも対応している。
  11. ^ http://www.au.kddi.com/developer/android/kishu/dlna/
  12. ^ INFOBAR A02 アップデート情報”. KDDI株式会社. 2014年2月4日閲覧。
  13. ^ INFOBAR A02アップデート情報”. KDDI株式会社. 2014年2月4日閲覧。
  14. ^ iida公式Facebookページ”. KDDI株式会社. 2014年2月4日閲覧。


「INFOBAR A02」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「INFOBAR_A02」の関連用語

1
14% |||||

2
10% |||||

3
10% |||||



6
8% |||||

7
8% |||||

8
8% |||||

9
8% |||||

10
8% |||||

INFOBAR_A02のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



INFOBAR_A02のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのINFOBAR A02 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS