SoftBank_202Kとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > SoftBank_202Kの意味・解説 

SoftBank 202K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/22 14:28 UTC 版)

DIGNO R 202K(ディグノ アール ニーマルニケー)は、京セラによって開発された、ソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)の第3.9世代移動通信システムSoftBank 4G端末である。SoftBank スマートフォンシリーズのひとつ。OSはAndroid 4.2を搭載している。




注釈

  1. ^ これまで京セラは同キャリアに向け2機種供給しているが、いずれもHONEY BEEシリーズである。
  2. ^ 2013年4月1日時点で既発売の防水対応スマートフォンにおいて、世界最軽量(株式会社ネオマーケティング調べ)。
  3. ^ 京セラ株式会社の登録商標。
  4. ^ デイリーステップ(京セラ株式会社の登録商標)のデータロガーのひとつとして利用。
  5. ^ LCDモジュール表面とその前にある物体との距離を計測し、両者の距離が至近である場合に通話中と判定し、LCD照度を低下させ、ソフトキー操作を無効化する機能のオン・オフに利用。
  6. ^ 1回の撮影操作で3種類の露出パターンに変化させた画像を3枚生成する。
  7. ^ 受信:76Mbps/送信:10Mbps

出典

  1. ^ 2013年夏商戦向け新商品について”. プレスリリース. ソフトバンクモバイル株式会社 (2013年5月7日). 2017年3月22日閲覧。
  2. ^ 京セラ製スマートフォン「DIGNO®R (ディグノ アール)SoftBank 202K」新登場”. ニュースリリース. 京セラ株式会社 (2013年5月7日). 2017年3月22日閲覧。
  3. ^ 世界最軽量の防水スマートフォン「DIGNO® R 202K」7月5日発売”. プレスリリース. ソフトバンクモバイル株式会社 (2013年7月3日). 2017年3月22日閲覧。


「SoftBank 202K」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SoftBank_202K」の関連用語

SoftBank_202Kのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SoftBank_202Kのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSoftBank 202K (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS