SoftBank_201Fとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > SoftBank_201Fの意味・解説 

SoftBank 201F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/21 03:45 UTC 版)

ARROWS A 201F(アローズ エース ニーマルイチエフ)は、富士通モバイルコミュニケーションズによって開発された、ソフトバンクモバイル第3.9世代移動通信システムSoftBank 4G端末である。SoftBank スマートフォンシリーズのひとつ。OSはAndroid 4.1を搭載している。




  1. ^ 対応プロファイル:HFP、HSP、DUN、OPP、SPP、HID、A2DP、AVRCP、PBAP、HDP、PASP、ANP、TIP、PXP、FMP
  2. ^ 受信:76Mbps/送信:10Mbps
  3. ^ 連続視聴時間:約7時間
  4. ^ 1.5GHzのクアッドコアCPUを搭載した「ARROWS A 201F」、2月16日発売 | ソフトバンクモバイル株式会社
  5. ^ ARROWS A SoftBank 201Fをご利用中のお客さまへ | SoftBank
  6. ^ 富士通社製スマートフォンをご利用中のお客さまへ | SoftBank


「SoftBank 201F」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SoftBank_201F」の関連用語

SoftBank_201Fのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SoftBank_201Fのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSoftBank 201F (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS