ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 港区 (東京都)の企業 > ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズの意味・解説 

ソニー・エリクソン

別名:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ,ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社Sony Ericsson Mobile CommunicationsSony Ericsson Mobile Communications ABSEMC
【英】Sony Ericsson

ソニー・エリクソンとは、ソニーと、スウェーデン本社を置くエリクソンとの共同出資によって設立された携帯電話端末メーカーである。2001年設立され、2012年2月ソニー完全子会社として改組し、名称も「ソニーモバイル」に変更された。

ソニー・エリクソンは2001年10月設立された。本社機能英国に置かれている日本には、100%子会社ある日本法人「ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社」が拠点として置かれている日本国内の携帯電話メーカー市場には、ほぼソニー携帯電話メーカー事業受け継ぐ形で市場参入している。

ソニー・エリクソンは携帯電話端末メーカーとして、ノキアサムスン電子LG電子モトローラに次ぐ世界シェア持っている。なお、エリクソン携帯電話基地局をはじめとした移動体通信通信設備世界最大シェアを持つ企業である。


参照リンク
Sony Ericsson - (グローバルサイト。英語)
Sony Ericsson - (日本語

ソニーモバイルコミュニケーションズ

(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/07 14:59 UTC 版)

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社Sony Mobile Communications Inc.、略称SOMC)は、日本の大手家電メーカーであるソニーの100%出資による携帯電話メーカーである。設立時は、本社は英国ロンドン(登記上の本店はスウェーデンルンド)に置かれていたが、2011年末にルンドに移転し、2012年10月1日には東京都港区に移管した[2]。以前はスウェーデンのエリクソン社(本社ストックホルム)との合弁企業であり、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(Sony Ericsson Mobile Communications、略称SEMC)と称していた。近年の主力商品はスマートフォンの「Xperia」シリーズ。2015年には本社を品川シーサイドに移転した。




  1. ^ a b c “ソニー、ソニー・エリクソンのエリクソン保有株式を完全取得” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2011年10月27日), http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201110/11-140/index.html 2011年12月22日閲覧。 
  2. ^ "Sony Mobile moving HQ from Sweden to Tokyo on October 1st". Sony Xperia Blog. July 5, 2012. Retrieved August 13, 2012.
  3. ^ “Xperiaのスマホ販売台数が2016年は1510万台と半減!欧州や事業縮小した地域の減少が影響――ソニーが2016年度第3四半期業績説明会を実施 - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/12628767/ 2018年4月12日閲覧。 
  4. ^ http://www.icinsights.com/news/bulletins/7-Of-The-Top-10-Smartphone-Suppliers-Headquartered-In-China/”. www.icinsights.com. 2018年4月12日閲覧。
  5. ^ https://jp.reuters.com/article/sony-sales-idJPKBN1KL0RS
  6. ^ 2012年11月16日EXドロイド「ソニーが世界のスマホシェア3位に急浮上」より。
  7. ^ 市場研究会社Canaccord Genuityによると、2011年の世界販売シェアはサムスン電子、アップル、ノキアリサーチ・イン・モーションHTCに続く6位で5%を占めている。ちなみに2010年第3四半期はノキア、サムスン電子、LG電子、アップル、リサーチ・イン・モーションに続く第6位だった
  8. ^ エリクソン社長「通信に集中する好機」 合弁解消日本経済新聞
  9. ^ ソニー・エリクソン合弁解消の背景にあるソニーの総力戦日経トレンディネット
  10. ^ SankeiBiz2012.8.24
  11. ^ 【IFA 2012】ソニー、NFC対応Xperiaや4K BRAVIAを披露-無線LAN搭載のNEX、新HMD。"Kando"を世界に - AV Watch 2012年 8月 30日AV Watch
  12. ^ 【CES 2012】ソニー・エリクソン、買収後の新社名は「Sony Mobile Communications」に - アンドロワイア2012年1月10日
  13. ^ “ソニー、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了 社名をソニーモバイルコミュニケーションズに変更し、事業の融合を加速” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2012年2月16日), http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201202/12-025/index.html 2012年3月10日閲覧。 
  14. ^ ケータイWatch「ソニーモバイルがリストラ策発表、本社機能は東京に」(2012/8/23 18:18)
  15. ^ 「ソニー、携帯子会社スウェーデンで1000人削減 本社機能を東京に移管」 日本経済新聞 2012/8/23
  16. ^ 「ソニーモバイルコミュニケーションズの本社機能を東京に移管 国内通信事業者様向け事業を担う「ソニーモバイルコミュニケーションズジャパン株式会社」を新設」 ソニーモバイルコミュニケーションズ
  17. ^ ソニーモバイルコミュニケーションズについて[1]
  18. ^ 厚さ9.4ミリのウォークマンケータイ──ソニエリ「W880」が生まれた理由(前編) (1/2)
  19. ^ ソニー・エリクソン、日本法人社名を「ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社」に変更 - ソニーモバイルコミュニケーションズ公式サイト2012年3月8日
  20. ^ ケータイWatch「ソニーモバイルがリストラ策発表、本社機能は東京に」(2012/8/23 18:18)
  21. ^ 株式会社インプレス (2017年11月15日). “4~9月の携帯電話出荷は1634万台、キャリア向けスマホが好調でV字回復” (日本語). ケータイ Watch. https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1091804.html 2018年4月10日閲覧。 
  22. ^ 「BCN、2012年上半期No.1メーカーを発表」(2012/07/24)
  23. ^ ただしハイレゾ音源を再生する場合、それに対応したUSBホストケーブル(別売)、およびUSB入力対応D/Aコンバーター(別売)、ヘッドホン(別売)、あるいはスピーカー(別売)などが必要となる。
  24. ^ ちなみに2013年夏モデルよりCDMA、LTEに関わらず実際の製造型番に「CDMA ××L××」「CDMA ××X××」「CDMA ××Y××」と表記しなくてもよい新製造型番ルールに変更された。
  25. ^ “nuroモバイルの「Xperia限定プレミアム帯域オプション」を徹底レビュー!通勤・通学ラッシュなど混雑時間帯の通信速度は?都内の超過密スポットでMVNOの限界に挑む【レポート】”. S-MAX. (2017年12月24日). http://s-max.jp/archives/1737819.html 2018年1月9日閲覧。 
  26. ^ Sony Ericsson company シンボルマーク


「ソニーモバイルコミュニケーションズ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ」の関連用語

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソニー・エリクソンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソニーモバイルコミュニケーションズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS