フルワイドVGAとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > フルワイドVGAの意味・解説 

フルワイドVGA

フルスペル:Full Wide Video Graphics Array
別名:フルWVGAFull Wide VGAFull WVGAFWVGA

フルワイドVGAとは、ディスプレイの解像度のうち、画面構成するドット数が854×480ドットもしくは864×480ドットである解像度のことである。

フルワイドVGAは、VGA横幅広くしたWVGA800×480)をさらにワイドにした仕様である。2007年冬~2008年春にかけて発売された、「VIERAケータイ初代モデルであるNTTドコモの「P905i」およびソフトバンクモバイルの「920P」などは、854×480ドットのフルワイドVGAディスプレイ搭載していた。

表示装置のほかの用語一覧
解像度:  HSXGA  ハーフVGA  フルワイドQVGA  フルワイドVGA  QQVGA  Quad-VGA  QUXGA Wide

フルワイドVGA(フルワイドブイジーエー、FWVGA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/22 06:07 UTC 版)

Video Graphics Array」の記事における「フルワイドVGA(フルワイドブイジーエー、FWVGA)」の解説

864×480ドットで、アスペクト比は16.2:9。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ開発同社のほか、三菱電機富士通自社製携帯電話端末採用している。

※この「フルワイドVGA(フルワイドブイジーエー、FWVGA)」の解説は、「Video Graphics Array」の解説の一部です。
「フルワイドVGA(フルワイドブイジーエー、FWVGA)」を含む「Video Graphics Array」の記事については、「Video Graphics Array」の概要を参照ください。


フルワイドVGA++(FWVGA++)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/22 06:07 UTC 版)

Video Graphics Array」の記事における「フルワイドVGA++(FWVGA++)」の解説

960×480ドットアスペクト比は2:1。シャープのIS01SH-10B等に採用されている。

※この「フルワイドVGA++(FWVGA++)」の解説は、「Video Graphics Array」の解説の一部です。
「フルワイドVGA++(FWVGA++)」を含む「Video Graphics Array」の記事については、「Video Graphics Array」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フルワイドVGA」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フルワイドVGAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フルワイドVGAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフルワイドVGAの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのVideo Graphics Array (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS