TIとは?

TI

米・テキサス州にあるテキサス・インストゥルメンツ社。DMDデバイスを開発したメーカー。現在DLPチップは同社が完全独占生産を行なっている。DLPプロジェクターメーカーはすべてTI社からデバイスの供給を受けている。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


チタン(Ti)

チタン(Titaniumチタニウム)は、元素記号 Ti で表され、原子番号22原子量は約47.90比重は4.54(g/cc)である。名前はギリシャ神話の巨神族ティタンタイタンとしても知られる)に因む銀灰色遷移元素で、チタン族に属する。純粋なものは耐食性が高く、展性延性に富み、引張強度大きい(硬くかつ軟らかく強い)。空気中では常温酸化被膜作り内部保護される。遷移金属としては次いで地殻中に豊富に存在する。原子価は、2価・3価または4価である。
チタンの合金は、航空機材料などに利用される。また、その軽さ優れた機械的性質生体組織との親和性の高さなどの理由により、人工歯根人工関節などにも用いられる。 非磁性
ステンレス鋼添加されると、安定した炭化物をつくり、オーステナイト系ステンレス鋼粒界腐食防止する。耐クリープ強度を増す。結晶粒微細化する。しかしO,Nと化合しやすく清浄度を害しやすい

チタン(III)

分子式Ti
その他の名称:Titanium(III)
体系名:チタン(III)


二水素チタン(IV)

分子式Ti
その他の名称:Dihydrogen titanium(IV) salt
体系名:二水素チタン(IV)


チタン(III)カチオン

分子式Ti
その他の名称:Titanium(III)cation
体系名:チタン(III)カチオン


チタン

分子式Ti
その他の名称:Ti、Titanium
体系名:チタン


チタン(IV)

分子式Ti
その他の名称:Titanium(IV)
体系名:チタン(IV)


物質
チタン
英語名
Titanium
元素記号
Ti
原子番号
22
分子量
47.88
発見
1791年
原子半径(Å)
1.47
融点(℃)
1675
沸点(℃)
3262
密度(g/cm3
4.54
比熱(cal/g ℃)
0.126
イオン化エネルギー(eV)
6.82
電子親和力(eV)
0.2


Ti

名前 ティ

TI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/30 01:32 UTC 版)

TI, Ti, ti

TI

Ti

ti

文字


T.I.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/24 03:55 UTC 版)

T.I.
T.I. performing in concert, wearing a Phoenix Suns cap.jpg
2012年
基本情報
出生名 クリフォード・ジョセフ・ハリスJr.
別名 T.I.P.
生誕 (1980-09-25) 1980年9月25日(37歳)
ジャンル ヒップホップ
職業 ヒップホップMC作詞家俳優音楽プロデューサーエグゼクティブプロデューサー
活動期間 2001年
レーベル アトランティック・レコード、グランド・ハッスル・レコード
公式サイト Official Artist Website

T.I.(T.I.、ティーアイ、本名:クリフォード・ジョセフ・ハリス・Jr. 1980年9月25日 - )はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身のラッパー作詞家俳優音楽プロデューサーエグゼクティブプロデューサーである。グランド・ハッスル・レコードの最高経営責任者でもある。[1] T.I.P.というオルター・エゴを自分の曲の中で演じることがある。ファンの間では、名前の「T.I.P.」は「Ten Inch Playa」の略だと言われている。[2]
自身のことを『キング・オブ・ザ・サウス(南部の王)』と呼ぶことで有名。また、ラッパーファレル・ウィリアムスには、『サウスのジェイ・Z』と才能を称えられたことがある。

バイオグラフィー

アトランタのバンクヘッドで生まれる。[3] デビュー当時はステージネームを”T.I.P.”とするつもりだったが、彼が尊敬していたラッパーの一人、Q-ティップ(Q-Tip)と名前が重なるため、Pをとって”T.I.”に変更した。[4] ちなみに、彼が尊敬しているラッパーは他にも、ジェイ・Z2パックスカーフェイスアイス・キューブアウトキャストのアンドレ3000などがいる。

キャリア

2001年のファーストアルバム『アイム・シリアス』はあまり注目を浴びなかったものの[5]、セカンドアルバム『トラップ・ミュージック』がヒップホップ・アルバムとして高い評価を受け[6]、またプラチナ・セールスを獲得したことや[7]、その後の数々の客演によってしだいに注目を浴びるようになる。

2003年に、デスティニーズチャイルドのシングル『ソルジャー』で客演を務めたことで、実力を証明することに成功する。

2004年にリリースされたアルバム『アーバン・レジェンド』のファーストシングル『ブリング・エム・アウト』は、日本においてもクラブ・バンガーとして絶賛される。

2006年には『キング』がビルボードのチャートで#1となり、また一週目で522,000枚という記録的なセール枚数を出した(『キング』は2006年で最も売れたヒップホップアルバムとなる)。[8] その後の、映画「ATL」での主演や、『マイ・ラブジャスティン・ティンバーレイク)』や『ラヴィン・ユー・ロング・タイム リミックスマライア・キャリー)』などのヒット曲での客演により、T.I.はヒップ・ホップ界の最重要人物の一人となった。

2007年に5枚目のアルバム『T.I. vs T.I.P.』をリリース。[9] インターネットの普及などによりヒップ・ホップアルバムの売り上げが低下している中、プラチナ・セールスを獲得した。しかし、同じ年にやサイレンサーなどの違法取引容疑で逮捕される。[10] 2007年10月26日、300万ドル(約3億3,000万円)の保釈金を支払い釈放された。[11] 2008年、T.I.は逮捕による自宅監禁の後、1500時間に及ぶ社会奉仕活動と共に6枚目のアルバム『ペーパー・トレイル:真実の行方』にとりかかった。[12] ファーストシングル『ホワットエヴァー・ユー・ライク』は全米チャートで1位にはい上がり、その後わずか6週で、5枚目のシングル『マイアヒ・ライフ』が全米1位となりT.I.の名を歴史に残した。また、『ペーパー・トレイル:真実の行方』は、『トラップ・ミュージック』や『キング』と並んで完成度の高いヒップ・ホップアルバムとして評価を受けた。[13]

2009年の3月、T.I.は武器の違法取引の刑罰として、懲役366日の刑を言い渡され、同時に約10万ドルの罰金を支払った。[14]彼は服役し、2010年3月に釈放された。[15]

2010年8月、製作に関わった映画『テイカーズ』がアメリカで公開された。しかし、9月には、妻タメカと共にドラッグ所持容疑で再逮捕される。『テイカーズ』と公開と同時期にリリースされると見られていたアルバム「キング・アンケイジド」は「ノー・マーシー 非情のストリート」にタイトルを変更し、2010年12月にリリースされた。

ビーフ 

ギャングスタ・ラップをメインに活動し、「キング・オブ・ザ・サウス」と自称するT.I.は、常に様々なギャングスタ・ラッパーとのビーフに巻き込まれていた。主なビーフ相手には、リュダクリス、リル・フリップ、ショーティー・ローがいる(皆サウスのラッパー)。

リュダクリス

T.I.とリュダクリスの二人は、Gユニットのラッパーヤング・バックのアルバムに収録される『ストンプ』という曲へゲストとして招待される予定であった。しかし、後日T.I.の部分がザ・ゲームと置き換えられてしまう。そのため、T.I.はリュダクリスを中傷したバースを収録(オリジナルバージョンで聴取可能)。その後、リュダクリスのレーベルDTPのラッパーI-20のビデオに”トラップ・ハウス”と書かれた服を着た男が討たれるシーンがあることにT.I.が激怒する(T.I.は、自身のアルバム名”トラップ・ミュージック”に由来すると主張)。ビーフはここからスタートした。
2007年の6月、カリフォルニアのサンセット・タワーで、リュダクリスのマネージャーであるシャカ・ズールーがT.I.に殴られる事件が起こる。[16] T.I.はその後のBET授賞式の場を借りて、騒ぎを起こしたことを謝罪した。それよりT.I.とリュダクリスの仲は改善し、2008年の二人のアルバムにはお互いがゲスト・アーティストとして参加している。[17]

リル・フリップ

AllHipHopによると[18]、T.I.は、リル・フリップの郷里であるヒューストンのクローバーランドにおいてフリップの取り巻きといざこざがあったという。T.I.はその時、リル・フリップを詐欺の理由で探究するDVDの制作に取りかかろうとしていた。しかし、彼はそこでリル・フリップの一味との鉢合わせに合い、T.I.のボディーガードの一人が銃を発射したことから口論が始まった。同じ日に、T.I.はヒューストンのラジオステーションでリル・フリップとの口論について説明、さらに彼がフリップをターゲットにしたミックステープを用意しているとまで発表した。そのミックステープは後日、ラップ・ア・ロットレコードのCEO、Jプリンスによってリリースを中断させられ、同時にビーフも彼を仲立ちにして和解に向かった。[19]

ショーティー・ロー

2008年にT.I.は、一躍注目浴びたショーティー・ローとの激しいビーフに巻き込まれる。 ビーフは、ショーティー・ローがセカンドシングル『ドゥン・ドゥン』をリリースしてから形となった。彼はその曲においてT.I.が出身地をバンクヘッドだと自称していることに対し疑問を投げかけ、その後信憑性が薄いとしてリサーチに乗り出した。[20] これに対してT.I.は、シングル『ホワット・アップ・ホワッツ・ハプニング』のビデオを、ショーティー・ローの本拠地であるボーウェン・ホームス公営住宅で撮影した。[21] ビーフはその後、両陣営がダーティー・アワードにおいて衝突し、セレモニーを中止に追い込んだ所でクライマックスを迎えた。[22] ビーフは3月7日にT.I.の「お別れ会」(T.I.の懲役によるもの)においてショーティー・ローが出席したことで和解が確定された。[23] T.I.によると、両者の関係は、メディアが騒ぎたてたことで悪化したように見えただけであり、「ビーフではなかった」という。[24]

ディスコグラフィー 

アルバム

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[25]
AUS
[26]
CAN
[27]
GER
[28]
IRE
[29]
NZ
[30]
SWI
[31]
UK
[32]
2001 I'm Serious 98
2003 Trap Muzik
  • 発売日: 2003年8月19日
  • レーベル: Grand Hustle, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 180万枚
4
2004 Urban Legend
  • 発売日: 2004年11月30日
  • レーベル: Grand Hustle, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 150万枚
7
  • US: プラチナ[33]
2006 King
  • 発売日: 2006年3月28日
  • レーベル: Grand Hustle, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 200万枚
1 24 86 76 99 83
2007 T.I. vs. T.I.P.
  • 発売日: 2007年7月3日
  • レーベル: Grand Hustle, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 180万枚
1 7 96 78 37 59 101
  • US: プラチナ[33]
  • CAN: ゴールド[34]
2008 Paper Trail
  • 発売日: 2008年9月30日
  • レーベル: Grand Hustle, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 300万枚
1 16 2 79 34 9 46 42
2010 No Mercy
  • 発売日: 2010年12月7日
  • レーベル: Grand Hustle, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 80万枚
4 69 35 27 39 39
  • US: ゴールド[33]
2012 Trouble Man: Heavy Is the Head
  • 発売日: 2012年12月18日
  • レーベル: Grand Hustle, Atlantic
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 55万枚
2 188
  • US: ゴールド[33]
2014 Paperwork
  • 発売日: 2014年10月21日
  • レーベル: Grand Hustle, Columbia
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 24万枚
2 43 19 64 85
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル

  • アイム・シリアス feat. ビーニ・マン - I'm Serious feat. Beenie Man (2001年)
  • 24・インチ - 24's (2003年)
  • ビー・イージー - Be Easy (2003年)
  • ラバーバンド・マン - Rubber Band Man (2003年)
  • レッツ・ゲット・アウェイ feat. ジャジー・フェイ - Let's Get Away (2003年)
  • ブリング・エム・アウト - Bring Em Out (2004年) オリコンシングルチャート42位
  • ユー・ドント・ノウ・ミー - U Don't Know Me (2004年)
  • Asap - Asap (2004年)
  • モチベーション - Motivation (2004年
  • ライド・ウィス・ミー - Ride Wit Me (2006年)
  • フロント・バック feat. UGK - Front Back feat. UGK (2006年)
  • ホワット・ユー・ノウ - What You Know (2006年) オリコンシングルチャート32位
  • ホワイ・ユー・ワナ - Why You Wanna (2006年) オリコンシングルチャート30位
  • リヴ・イン・ザ・スカイ feat. ジェイミー・フォックス - Live In The Sky feat. Jamie Foxx (2006年)
  • トップ・バック [リミックス]" feat. ヤング・ジージーヤング・ドロー、ビッグ・カントリー・キング、B.G. - Top Back (2006年)
  • ビッグ・シングス・ポッピン (ドゥー・イット) - Big Things Poppin' (Do It) (2007年) オリコン海外シングルチャート5位
  • ユー・ノウ・ホワット・イット・イズ feat. ワイクリフ・ジョン - You Know What It Is feat. Wyclef Jean (2007年)
  • ハート feat. アルファ・メガ、バスタ・ライムス - Hurt feat. Alfa Mega & Busta Rhymes (2007年)
  • タッチダウン feat. エミネム - Touchdown feat. Eminem (2007年)
  • ノー・マター・ホワット - No Matter What (2008年) プロモ・シングル
  • ホワットエヴァー・ユー・ライク - Whatever You Like (2008年) 全米1位
  • スウィング・ユア・ラグ feat. スウィズ・ビーツ - Swing Ya Rag feat. Swizz Beats (2008年) プロモ・シングル
  • ホワット・アップ・ホワッツ・ハプニング - What Up, What's Haapnin' (2008年) プロモ・シングル
  • マイアヒ・ライフ feat. リアーナ - Live Your Life feat. Rihanna (2008年) 全米1位
  • デッド・アンド・ゴーン feat. ジャスティン・ティンバーレイク - Dead And Gone feat. Justin Timberlake (2009年)
  • リメンバー・ミー feat. メアリー・J・ブライジ - Remember Me feat. Mary J Blige (2009年)

映画出演

関連項目

脚注

出典

  1. ^ ATF Agents Search Home of Atlanta Rapper T.I. During BET Awards”. Newsweek. The Washington Post Company. pp. pp. 1–3 (2007年10月13日). 2008年10月9日閲覧。
  2. ^ http://www.urbandictionary.com/define.php?term=T.I.
  3. ^ TI Biography”. NME. Time Warner. 2009年1月2日閲覧。
  4. ^ Hillary Crosley (May 1, 2007). It's Summer Time With T.I., 'T.I.P.' Billboard. Accessed October 9, 2008.
  5. ^ Martens, Todd (2003年8月27日). “Hitmakers The Neptunes Land Compilation At No. 1”. Billboard. Nielsen Business Media. 2009年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月19日閲覧。
  6. ^ Katie Hasty (April 5, 2006). T.I. Rules As 'King' Of Album Chart Billboard. Accessed October 9, 2008.
  7. ^ Gold & Platinum - Search Results RIAA. Accessed October 9, 2008.
  8. ^ Katie Hasty (April 5, 2006). T.I. Rules As 'King' of Album Chart Billboard. Accessed October 9, 2008.
  9. ^ title = Hip Hop Album Sales: The Week Ending 10/5/08
  10. ^ McDonald, Ray (2007年10月16日). “Rapper TI Arrested on Illegal Gun Possession Charge”. VOA News (Voice of America). http://voanews.com/english/archive/2007-10/2007-10-16-voa38.cfm 2009年1月2日閲覧。 
  11. ^ [1]
  12. ^ HHWorlds.com - Update: T.I.'s Suppression Hearing Pushed Postponed (January 3, 2008)
  13. ^ Katie Hasty (October 8, 2008). T.I. Debuts Big Atop Billboard 200, Hot 100 Billboard. Accessed October 8, 2008.
  14. ^ http://www.hiphopdx.com/index/news/id.9174
  15. ^ http://www.bop.gov/iloc2/InmateFinderServlet?Transaction=IDSearch&needingMoreList=false&IDType=IRN&IDNumber=59458-019&x=59&y=15 Federal Bureau of Prisons
  16. ^ Shaheem Reid (June 25, 2007). T.I., Ludacris' Manager Get Into Scuffle At Industry Event MTV. Accessed October 3, 2008.
  17. ^ T.I. Takes Home BET Award, Apologizes for Scuffle
  18. ^ All Hip Hop. “"Sources Say Lil Flip And TI Have Physical Confrontation"”. 2007年1月20日閲覧。
  19. ^ Houston Press. “"Where's the Beef? Right here in H-town"”. 2007年1月20日閲覧。
  20. ^ http://www.youtube.com/watch?v=oKQ_BBePTgA
  21. ^ T.I. @ Shawty Lo's house. Accessed August 25, 2008.
  22. ^ Shawty Lo Blames T.I. For Dirty Awards Trouble”. Daniel Melia. taletela.com. 2009年4月23日閲覧。
  23. ^ T.I., Shawty Lo Squash Beef, Team Up Onstage In Atlanta”. MTV. mtv.com. 2009年4月23日閲覧。
  24. ^ T.I. Says Feud With Shawty Lo Wasn't A Beef”. MTV. mtv.com. 2009年4月23日閲覧。
  25. ^ T.I. Album & Song Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年5月29日閲覧。
  26. ^ Peak chart positions for albums in Australia:
    • Paper Trail: Discography T.I.”. 'australian-charts.com'. Hung Medien. 2012年5月29日閲覧。
    • No Mercy:
  27. ^ T.I. Album & Song Chart History: Canadian Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2012年5月29日閲覧。
  28. ^ Chartverfolgung / T.I. / Longplay” (German). 'musicline.de'. Media Control Charts. 2012年5月29日閲覧。
  29. ^ Discography T.I.”. 'irish-charts.com'. Hung Medien. 2012年5月29日閲覧。
  30. ^ Discography T.I.”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2012年5月29日閲覧。
  31. ^ T.I. (Charts) (select "Charts" tab)” (German). 'hitparade.ch'. Hung Medien. 2012年5月29日閲覧。
  32. ^ Peak chart positions for albums in the United Kingdom:
  33. ^ a b c d e f g Gold & Platinum: T.I.”. Recording Industry Association of America. 2012年9月30日閲覧。
  34. ^ a b c Gold and Platinum Search (T.I.)”. Music Canada. 2012年5月29日閲覧。
  35. ^ a b Certified Awards (enter "T.I." into the "Keywords" box, then select "Search")”. British Phonographic Industry. 2013年9月5日閲覧。
  36. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2008 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2012年5月29日閲覧。
  37. ^ Top 40 Albums Chart: Chart #1649 (Monday 29 December 2011)”. Recording Industry Association of New Zealand. 2012年5月29日閲覧。

外部リンク


ティー

(TI から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/30 18:17 UTC 版)

ティー

関連項目






TIと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「TI」の関連用語

TIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Surface 2

Xperia XZ1

Cintiq Companion

Intel Core i7 vPro

レグザタブレットAT300

ARROWS Tab

インテリマウスオプティカル

ネットノート





TIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2017 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリTIの記事を利用しております。
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2017 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTI (改訂履歴)、T.I. (改訂履歴)、ティー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS