F801iとは?

キッズケータイ F801i

キッズケータイ F801i
キッズケータイ F801i
キッズケータイ F801i
キッズケータイ F801i
キッズケータイ F801i
キッズケータイ F801i
キッズケータイ F801i
キッズケータイ F801i

機能一覧

基本
スペック
サイズ注意1 高さ 105mm x 幅48mm x 厚さ 17.8mm
質量 約 120g
連続待受時間注意2注意3
静止時)
570時間
連続通話時間注意3
音声通話時)
185
ディスプレイ種類注意4 フルワイドQVGA TFT
ディスプレイサイズ 約 2.7インチ
ディスプレイ最大同時発色 262,144
ディスプレイ解像度ドット数) 240×432
充電時間 140
電話帳 名前最大登録件数注意5
(名前1件につき登録できる電話番号メールアドレス
1000
(5件/5件)
電話番号最大登録件数注意5 3005件
メールアドレス最大登録件数注意5 3005件
受信メール最大保存件数注意5 1000
送信メール最大保存件数注意5 200
iアプリ最大保存件数注意5 100
モバイル
カメラ
撮像素子注意6
アウト外側メインイン内側サブ
CMOSCMOS
カメラ有効画素数
アウト外側メインイン内側サブ
130万画素/約 32万画
記録画素数
アウト外側メインイン内側サブ
120万画素/約 31万画
接写 対応
動画 動画記録サイズ最大
ファイル形式
320×240
MP4ASF
動画録画時間注意7注意8
本体保存時)
35
動画フレームレート注意9 最大30fps
手ブレ防止機能 未対応
オートフォーカス 未対応
動画ズーム 最大16倍(8段階
フォトライト 対応
静止画 静止画記録サイズ最大
ファイル形式
960×1280
JPEG
静止画記録枚数注意10
本体保存時)
524
静止画連続撮影 2~9
手ブレ防止機能 対応
オートフォーカス 未対応
静止画ズーム 最大16倍(32段階
フォトライト 対応
防水 防水対応 対応IPX5IPX7注意12注意13
その他 外部メモリー対応
最大対応容量
未対応
外部メモリーへのコンテンツ移行 未対応
バーコードリーダー 対応
赤外線通信対応 対応
Bluetooth通信 未対応
FOMAプラスエリア対応 対応
自動時刻補正 対応
通話料金上限通知 対応
音声認識 未対応
マルチアクセス 対応
マルチタスク 対応
拡大もじ 未対応
シンプルメニュー注意11 対応
日本語入力システム ATOK®+APOT®
PDF対応ビューア 未対応
ドキュメントビューア 未対応
覗き見防止機能 未対応

F801i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/22 13:38 UTC 版)

FOMA F801iフォーマ・エフ はち まる いち アイ)は、富士通によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA端末製品。ブランド名は、キッズケータイ




「F801i」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F801i」の関連用語

F801iのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FOMA SO906i

キッズケータイ F801i

docomo PRIME series P-04B

VIERA®ケータイ P905iTV

docomo PRIME series P-01B

docomo STYLE series N-03A

docomo PRO series SH-03B

docomo PRIME series SH-03A





F801iのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
NTTドコモNTTドコモ
© 2017 NTT DOCOMO, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF801i (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS