使用環境とは? わかりやすく解説

使用環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 23:14 UTC 版)

磁気センサ」の記事における「使用環境」の解説

例え自動車車内のように振動激しい場所使用する場合には、高い機械的精度要するファラデー素子電気力学的センサ選択することは適切でないまた、温度変化激しい場所使用するには、感度温度依存性大きホール素子適していない出力に対する何らかの補正必要になる)。高温の場所においては冷却要するSQUIDは勿論適さない

※この「使用環境」の解説は、「磁気センサ」の解説の一部です。
「使用環境」を含む「磁気センサ」の記事については、「磁気センサ」の概要を参照ください。


使用環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 00:27 UTC 版)

Windows Server Update Services」の記事における「使用環境」の解説

一般的に企業などインターネット接続する回線に対して複数PC接続されている環境利用される。特に、以下のような環境ネットワークでは有効に機能するインターネット接続回線帯域に対してPC台数が多い 組織内ルールや独自アプリケーションなどの存在のため、PCに対して無条件にMicrosoft提供する更新プログラムインストールすることが出来ない 更新プログラムの適用状況監査する必要がある 一般的なコンシューマユーザのようなPCから直接インターネット接続する環境ではあまり利用価値がないが、家庭内でもLAN組んで複数PC存在するような場合インターネット接続回線帯域節約などを目的として導入することには価値がある。ただし、Windows Serverおよび適切な数量CAL必要であること、クライアントPCWSUSサーバを参照するためにグループポリシーActive Directoryグループポリシーまたはローカルグループポリシー)またはレジストリ編集を行う必要があることから家庭内ではハードルが高い

※この「使用環境」の解説は、「Windows Server Update Services」の解説の一部です。
「使用環境」を含む「Windows Server Update Services」の記事については、「Windows Server Update Services」の概要を参照ください。


使用環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 05:16 UTC 版)

産業用イーサネット」の記事における「使用環境」の解説

産業用途用いるため以下の要件を満たす必要がある通常より広範囲温度振動物理的な汚染電気的なノイズ耐えなければならない。 高い信頼性重要なプロセス制御がイーサネットリンクに依存している場合あるため通信不良与え経済的損失大きいため。) 現行システムレガシーシステム両方相互運用し、予測可能パフォーマンス保守性提供する必要がある物理的な互換性低レベルトランスポートプロトコルに加えてOSI参照モデルの上レベル相互運用性提供する必要がある社外からの侵入と、工場内での不注意不正使用両方に対するセキュリティ 産業ネットワークがオフィスネットワークや外部ネットワーク接続する必要がある場合、ファイアウォールシステムを挿入してネットワーク間のデータ交換制御するネットワーク分離することで、産業用ネットワーク性能信頼性維持できるカテゴリー5ケーブル (Cat 5)またはカテゴリー6ケーブル (Cat 6)の片側または両側に、家庭企業一般的に使用されている8P8CコネクタではなくM12コネクタM8コネクタなど、より頑丈で防水性の高いコネクタ必要になることが多い。

※この「使用環境」の解説は、「産業用イーサネット」の解説の一部です。
「使用環境」を含む「産業用イーサネット」の記事については、「産業用イーサネット」の概要を参照ください。


使用環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 04:30 UTC 版)

E-sports BIKE」の記事における「使用環境」の解説

場所、時間天候関係なくいつでもどこでもサイクリング自転車トレーニングができる。一人で使用はもとよりオンライン上で世界中の人と一緒に同時に楽しことが出来ることからコロナ禍環境下でも安心して複数の人とサイクリングレース楽しむことができる。さらに、自宅屋内で出来ることから事故心配もなく安全面おいても女性ユーザーによろこばれている[要出典]。

※この「使用環境」の解説は、「E-sports BIKE」の解説の一部です。
「使用環境」を含む「E-sports BIKE」の記事については、「E-sports BIKE」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「使用環境」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「使用環境」に関係したコラム

  • ETFや株式の取引手段とメリット、デメリット

    ETFや株式の取引手段には、「店頭取引」、「電話取引」、「パソコン取引」、「スマホ取引」の4種類があります。ここでは、それぞれの取引手段とそのメリット、デメリットを紹介します。▼店頭取引店頭取引は、顧...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

使用環境のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



使用環境のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの磁気センサ (改訂履歴)、Windows Server Update Services (改訂履歴)、産業用イーサネット (改訂履歴)、E-sports BIKE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS