ベイルアウトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > アウト > ベイルアウトの意味・解説 

【ベイルアウト】(べいるあうと)

bailout.
何らかの理由飛行不能陥った戦闘機から緊急脱出する事。

第一次世界大戦時の戦闘機には脱出するためのシステム無く、被撃墜はほぼ戦死同義であった。
その戦訓から折り畳み式落下傘普及し、ベイルアウトが可能になる事で搭乗員生存率大幅に向上した。

現代戦闘機射出座席備えパラシュートを開くまでの一連の動作全自動行われる
とはいえそれ以上の安全確保技術的難しくパイロット生還率を向上させたければキルレシオの向上を目指すしかないのが現状である。

参考射出座席 マーチンベイカー


ベイルアウト

読み方べいるあうと
【英】:Bailling Out

波が大きいときに使うテクニックライディング中、どうしようもない状態に陥ってしまった時、最後の手段としてボードから飛び出すこと。なるべくボードから遠くへボード進行方向とは違う角度飛び込むこと。小さい波では逆に危険なのですすめられない。

射出座席

(ベイルアウト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 09:59 UTC 版)

射出座席 (しゃしゅつざせき) は、航空機から非常時に脱出 (ベイルアウト、英: bailout) するための装置。作動させると、搭乗者は座席ごとロケットモーターなどによって機外へと射ち出され、パラシュートで降下する。主に戦闘機など小型の軍用機に装備されている。


  1. ^ 現在でも、射出座席が装備されていない航空機では、この方式はいまだ現役である
  2. ^ 代表例として、火災を起こした自機からの脱出時に垂直尾翼にぶつかり死亡した、「アフリカの星」ことハンス・ヨアヒム・マルセイユが挙げられる。
  3. ^ "Martin-Baker: Ejection tie club." Martin-Baker. Retrieved: 31 October 2012.
  4. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年7月8日閲覧。
  5. ^ Kerwin, Joseph P. (1986年). “Challenger crew cause and time of death”. 2006年7月4日閲覧。


「射出座席」の続きの解説一覧



ベイルアウトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベイルアウト」の関連用語

ベイルアウトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベイルアウトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
i92i92
Copyright(c)2019 i92surf.com All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの射出座席 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS