ノバク・ジョコビッチとは?

ノバク・ジョコビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 01:53 UTC 版)

ノバク・ジョコビッチNovak Đoković, セルビア語:  Новак Ђоковић, 1987年5月22日 - )は、セルビアベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。ATPツアーでシングルス82勝、ダブルス1勝。身長188cm、体重77kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。愛称はノール(Nole)[1]




  1. ^ Paul Macpherson (2007年9月10日). “Djoker In The Pack Holds All The Aces” (英語). ATP. 2012年1月24日閲覧。 Novak Djokovic wows US Open crowd with a win – and a McEnroe impression” (英語). ガーディアン (2009年9月8日). 2012年1月24日閲覧。 Novak Djokovic Impersonations” (英語). スポーツ・イラストレイテッド (2010年6月23日). 2012年1月24日閲覧。 ウィンブルドン初制覇のジョコビッチが凱旋” (日本語). フランス通信 (2011年7月5日). 2012年1月24日閲覧。
  2. ^ Djokovic Passes Sampras With 287th Week At No. 1 In FedEx ATP Rankings”. atptour.com (2020年9月21日). 2020年9月22日閲覧。
  3. ^ Former No. 1s”. atptour.com. 2020年9月4日閲覧。
  4. ^ ジョコビッチ ツォンガを破り全豪初制覇”. AFPBB (2008年1月28日). 2020年9月4日閲覧。
  5. ^ ノバク・ジョコビッチ選手とのグローバル ブランド アンバサダー契約締結の舞台裏~(新潮社)「考える人」2012年秋号~ ユニクロプレスリリース 2012年10月3日付
  6. ^ a b c 鉄壁のジョコビッチが全豪5度目V オフ中の周到な準備が実を結ぶ
  7. ^ 世界1位の貫禄、ジョコビッチが5度目の全豪オープン制覇” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  8. ^ ジョコビッチがフェデラー下し連覇、BNPパリバ・オープン” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  9. ^ ジョコビッチがマレーを撃破し5度目のタイトル獲得、マイアミ・オープン” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  10. ^ ジョコビッチが2度目の優勝、マスターズ1000で開幕3連勝 モンテカルロ・マスターズ”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  11. ^ ジョコビッチ、フェデラー破り4度目の戴冠 イタリア国際”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  12. ^ ワウリンカが全仏オープン初優勝!ジョコビッチは再び夢破れる”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  13. ^ ジョコビッチ、フェデラー下し3度目のウィンブルドン制覇” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  14. ^ フェデラーが7度目の戴冠、ジョコビッチは5度目の準優勝 W&Sオープン” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  15. ^ ジョコビッチ、フェデラー下し4年ぶり2度目の全米オープン制覇!” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  16. ^ テニス=年間1位確定のジョコビッチ、マッケンローの記録目前
  17. ^ 止まらないジョコビッチ、ツォンガに快勝で3度目の上海マスターズ制覇” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  18. ^ ジョコビッチがパリ大会制覇、1季でマスターズ6勝の快挙!” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  19. ^ ジョコビッチ、史上初のATPツアー・ファイナル4連覇!”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  20. ^ “ジョコ 観客から指摘される”. tennis365.net. (2016年1月24日). http://news.tennis365.net/news/today/201601/108030.html 
  21. ^ ジョコビッチ、大会最多タイ6度目の全豪オープン制覇” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  22. ^ ジョコビッチが通算700勝を達成!ツアー歴代12位
  23. ^ “【男子テニス】「こんなひどいのは初めて」 ジョコビッチ、目の病気で棄権 連続決勝は17で途切れる”. 産経ニュース. (2016年2月26日). http://www.sankei.com/sports/news/160226/spo1602260005-n1.html 
  24. ^ ジョコビッチがラオニッチに完勝し3連覇、BNPパリバOP”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  25. ^ “ジョコ「男子へ多くの賞金を」”. tennis365.net. (2016年3月22日). http://news.tennis365.net/news/today/201603/108857.html 
  26. ^ “ジョコビッチ、男女の賞金に関する発言を謝罪”. AFPBB News. (2016年3月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/3081275 
  27. ^ ジョコビッチが錦織に完勝、6度目Vと偉業を達成 マイアミOP” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  28. ^ ジョコビッチ、マドリードOP制しマスターズ歴代最多V”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  29. ^ ジョコビッチ、念願の全仏優勝でキャリアGS達成!”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  30. ^ FRENCH OPEN: Djokovic eyes Nole Slam; Serena bids for No. 22”. Associated Press (2016年6月5日). 2016年6月13日閲覧。
  31. ^ Avec le "Nole Slam", Novak Djokovic signe une vraie page d'histoire”. Eurosport (2016年6月5日). 2016年6月13日閲覧。
  32. ^ “ジョコビッチ、史上初の通算獲得賞金1億ドル! 全仏オープン”. AFPBB News. (2016年6月2日). http://www.afpbb.com/articles/-/3089078 
  33. ^ Novak Djokovic upset by American Sam Querrey at Wimbledon”. USA Today (2016年7月2日). 2016年7月2日閲覧。
  34. ^ ジョコビッチがロジャーズ・カップ優勝、錦織はマスターズ初制覇ならず”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  35. ^ ジョコビッチが涙の初戦敗退、またもデルポトロに屈する” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  36. ^ 3度目の全米制覇逃したジョコビッチ 「平常心を失った」”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  37. ^ 世界1位陥落危機のジョコビッチ「ランキングが最優先ではない」”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  38. ^ 激動の一年終えたジョコビッチ「不変なものはない」”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  39. ^ ジョコビッチ、肘のけがで今季終了 数か月ラケットなしの生活へ” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  40. ^ 元世界1位のジョコビッチ、10年以上ぶりにトップ10陥落へ” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  41. ^ ジョコビッチ、全仏OPでアガシ氏とタッグ結成 長期契約は未定” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  42. ^ ジョコビッチがトレーニングチームを解散、「トップへ返り咲く道を模索する」” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  43. ^ “鄭現「信じられない」ジョコビッチ破り韓国勢初8強”. 日刊スポーツ. (2018年1月22日). https://www.nikkansports.com/m/sports/news/201801220000655_m.html?mode=all 2018年1月23日閲覧。 
  44. ^ ジョコビッチが3年ぶり4度目のウィンブルドン制覇、GS通算13勝目” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  45. ^ ジョコビッチが3度目の全米制覇、サンプラス氏に並ぶGS14勝目” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  46. ^ ジョコビッチが3度目の全米制覇、サンプラス氏に並ぶGS14勝目” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  47. ^ 「ニュー」ジョコビッチが4回目の上海マスターズ優勝、世界1位に急接近” (日本語). www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  48. ^ 「最高」の出来でナダル粉砕 ジョコビッチ、全豪7度目Vに声詰まらす”. www.afpbb.com. 2019年4月23日閲覧。
  49. ^ ジョコが年間最優秀選手に、大坂は躍進賞で日本人初選出 ローレウス賞”. www.afpbb.com. 2019年4月23日閲覧。
  50. ^ ジョコビッチがマドリードOP優勝、全仏前に復調「大きな自信になる」”. www.afpbb.com. 2019年6月8日閲覧。
  51. ^ 「ロジャー」の声援を「ノバク」に変えて―鋼の精神持つジョコビッチ”. www.afpbb.com. 2019年7月15日閲覧。
  52. ^ テニス、ジョコビッチが初出場V 楽天ジャパン・オープン最終日”. 共同通信. 2019年10月6日閲覧。
  53. ^ ジョコビッチが5度目のパリ・マスターズ制覇 「この上なくうれしい」”. www.afpbb.com. 2019年11月16日閲覧。
  54. ^ ジョコ大活躍 セルビアが優勝”. news.tennis365.net. 2020年1月12日閲覧。
  55. ^ ジョコビッチ全豪連覇「負けたかも」逆転4時間死闘”. nikkansports.com. 2020年2月2日閲覧。
  56. ^ ジョコビッチ主催の「アドリア・ツアー」が観客4000人を迎えて開幕”. tennismagazine.jp. 2020年6月19日閲覧。
  57. ^ ジョコビッチ主催「アドリア・ツアー」の残りは中止に”. tennismagazine.jp (2020年6月24日). 2020年9月4日閲覧。
  58. ^ 新型コロナで評判を落とすジョコ、再開目指すテニス界にも激震”. afpbb.com. AFP (2020年6月25日). 2020年9月4日閲覧。
  59. ^ ジョコビッチが「ダブルゴールデンマスターズ」の偉業を達成、今季無敗のままUSオープンへ”. tennismagazine.jp. 2020年8月30日閲覧。
  60. ^ Novak Djokovic apologizes after defaulting US Open match for hitting line umpire with ball”. ABC News. 06-09-2020閲覧。
  61. ^ Djokovic Makes Masters 1000 History, Clinches Fifth Rome Crown”. 2020年9月22日閲覧。
  62. ^ Djokovic Passes Sampras With 287th Week At No. 1 In FedEx ATP Rankings”. 2020年9月22日閲覧。
  63. ^ ジョコビッチが6度目の年末1位に!サンプラスの記録に並ぶ”. テニスデイリー. 2020年11月22日閲覧。
  64. ^ 重傷だったジョコビッチ、“怪我疑惑”に胸中「時に少し不公平だと感じることはある」”. THE ANSWER. 2021年2月22日閲覧。
  65. ^ V9のジョコビッチ、激動の全豪OPは「最も過酷だった」”. www.afpbb.com. 2021年2月22日閲覧。
  66. ^ a b Djole's Frames of Mind”. 2009年3月3日閲覧。
  67. ^ “Novak Djokovic's Drop Shot”. tennis.com. (2009年7月16日). http://www.tennis.com/your-game/2009/07/novak-djokovics-drop-shot/17298/ 
  68. ^ 全豪オープン出場中のジョコビッチがギターセッション?”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  69. ^ 3年ぶりの「ファストフード」、ジョコビッチが今回もウィンブルドンの芝をパクリ”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  70. ^ ノバク・ジョコビッチ,タカ大丸. “ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版”. 扶桑社. 2019年6月8日閲覧。
  71. ^ Novak Djokovic Foundation raises $1,400,000 for children at inaugural benefit dinner”. Novak Djokovic. 2019年1月15日閲覧。
  72. ^ World Bank, Novak Djokovic Foundation Partner to Promote Early Childhood Development in Serbia and Globally”. World Bank. 2019年1月15日閲覧。
  73. ^ ジョコビッチがユニセフ親善大使に就任”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  74. ^ ジョコビッチ、長年の恋人と挙式”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  75. ^ ジョコビッチが2児のパパに、妻エレナさんが女児出産 地元紙報じる”. www.afpbb.com. 2019年1月25日閲覧。
  76. ^ グランドスラム、ツアーファイナル、マスターズ1000


「ノバク・ジョコビッチ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノバク・ジョコビッチ」の関連用語

ノバク・ジョコビッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノバク・ジョコビッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノバク・ジョコビッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS